ケーブルテレビのインフラを利用したセンサーネットワーク――地域の見守り、防災など 画像 ケーブルテレビのインフラを利用したセンサーネットワーク――地域の見守り、防災など

IT業務効率

 ケーブルコンベンション2015と同時に東京国際フォーラムにて開催されていた、ケーブルテレビ事業者やプロバイダー向けの最新技術や製品の展示会「ケーブル技術ショー」。日本ソフト開発株式は、ケーブルテレビ局が持つインフラとの連携を想定したフィールドセンサーネットワークを提案していた。

 利用するのはソーラーパネルとバッテリーそして3G通信などの通信機能が一体となったセンサーベース機器。これに、温度計や湿度計などの各種センサーを搭載する仕組み。取得したデータは3G網などを経由してCATV局に集められる仕組みだ。

 たとえばRFIDタグを利用すれば学童・高齢者の行動を見守ることもできる。各センサーからゲートの通過情報と時間のログを取得することで、現在どこにいるかを把握することができる。

 また、同様の機能を登山者を見守るためにも使うことが可能。登山客にRFIDタグを持たせることで、どの位置まで登っているか、また、遭難前に最後に記録された場所をチェックすることでトラブルが発生した地点を特定できるのだ。これはすでにヒマラヤ山脈のトレッキングコースなどですでに設置実例があるという。

 このほかにも環境センサーや水位センサーなどを取り付けることで、災害対策も可能。台風時などで水位が上昇した情報を得た場合は、CATV網を利用して、加入者にいち早く災害情報を伝えることができるとしている。

 もちろん、従来通り農業用ICTとしても活用。湿度や温度だけでなく、土壌水分量なども計測することができる。

【ケーブルコンベンション2015】フィールド系センサーネットワークの活用で地域創生……日本ソフト開発

《コヤマタカヒロ》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  4. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  5. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  6. 首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  8. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  9. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. ドローンによるレーザー測量、国内初実用化!

アクセスランキングをもっと見る

page top