ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測 画像 ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

マネジメント

 今後一層のインターネット通販拡大により、2020年までに年間約15万坪もの関東圏の物流不動産に対する新規需要が発生する――。インターネット通販に欠かせない「物流不動産」について将来的な需要を量的な側面から予測・分析したレポートが発表された。

 10日、「クリック革命-日本のEコマース拡大の波は物流不動産需要へ」と題したレポートを発表したのは総合不動産サービス事業を行うジョーンズ ラング ラサール株式会社(東京都千代田区)。

 同レポートでは、今後の見通しとして「インターネット通販の拡大により、物流不動産への新規需要が増加」し、なかでも利便性の高い即日配送の「クイックデリバリー」のニーズの高まりから、物流不動産では「首都圏を中心とする関東地方のニーズ」と「効率的な物流オペレーションを可能にする大型で近代的な物流施設へのニーズ」が強化されると分析。

 関東圏の物流不動産に対する新規需要は、ネット通販の拡大によるものだけで「年間約15万坪」になると予測する同レポート。首都圏における過去10年の大型先進物流施設の平均年間供給量は約17.5万坪だったため、2020年まで現在の水準が続くと想定した場合には「供給の過半はインターネット通販需要に吸収されてしまう」ため、全体の需給がひっ迫し「賃料上昇の要因となる」のではと予測している。

 また、物流不動産への投資について「インターネット通販市場の拡大ポテンシャル」により「投資家の注目も増している」とする一方、「開発適地不足による地価の上昇や、建設コスト上昇」等のリスクの存在を指摘している。

 さらなる拡大の余地があるインターネット通販。不動産業界からも今後の展望が注目されている。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

    設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  2. 設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い

    設備工事各社がクリーンルーム製品・技術充実、設備投資増を狙い

  3. 「試作品販売サイト」が登場…未来の日本のいいものを紹介

    「試作品販売サイト」が登場…未来の日本のいいものを紹介

  4. 法務省が元受刑者雇用企業を入札で優遇する試行案件公告

  5. JA全農、海外で国産農畜産物の売り込み強化

  6. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  7. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  8. 東プレ、八千代工業の国内板金プレス事業を買収…ホンダ向け事業を強化

  9. 自動車産業の10年後を見据えたグローバル戦略――日本のものづくりが生き残るため

アクセスランキングをもっと見る

page top