業界の悲願、自動車諸税の抜本改正めざす――自動車会議所 小枝会長 画像 業界の悲願、自動車諸税の抜本改正めざす――自動車会議所 小枝会長

制度・ビジネスチャンス

日本自動車会議所は6月10日、都内で2015年度の定時総会を開いた。総会後の懇親会の挨拶で、小枝至会長(日産自動車相談役名誉会長)は、「年末の税制大綱では自動車関係諸税の抜本改正ができるよう取り組みたい」と述べた。

日本自動車会議所は、日本自動車工業会など自動車関係業界で組織化しており、自動車を取り巻く税制、環境、安全といった課題に取り込んでいる。小枝会長は自動車関連産業について「円高の是正により業績は好転しているものの、消費税引き上げの影響が予想外に長引き、新車の販売は厳しい状況にある」と指摘した。

そのうえで、新車販売の持ち直しには「自動車諸税の簡素化と負担軽減が必要」とし、政府・与党は「消費税率の10%への引き上げ延期に伴って見送られている自動車関係諸税の抜本改正実現を」と訴えた。

自動車会議所 小枝会長「年末には自動車諸税の抜本改正を」

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

    主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  4. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  5. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

  6. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  7. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  8. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  9. 【外国人技能実習生:1】受け入れを検討するタイミングはいま。

  10. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

アクセスランキングをもっと見る

page top