地域色を生かしたケーブルテレビのプロモーション大賞発表――ケーブルコンベンション2015

イベント

ケーブル・アワード入賞者
  • ケーブル・アワード入賞者
  • グランプリ:入間ケーブルテレビ
  • グランプリ:入間ケーブルテレビ
  • 準グランプリ:日本ケーブルテレビ連盟信越支部長野県協議会
  • 準グランプリ:中海テレビ放送
  • RBB TODAY賞:四万十ケーブルテレビ
  • RBB TODAY賞:四万十ケーブルテレビ
  • ケーブル・チョイス賞:スターキャト・ケーブルネットワーク
 日本ケーブルテレビ連盟とイードは10日、今年で第8回となる「ケーブル・アワード2015ベストプロモーション大賞」を発表した。東京国際フォーラムで開催される「ケーブルコンベンション2015」で、各賞の発表と贈賞式が行われた。

 グランプリには、入間ケーブルテレビ(グッドプラクティス部門でエントリー)の「メディアミックスで伝える愛情いっぱいの給食」が選ばれた。

 「ケーブル・アワードベストプロモーション大賞」は、ケーブルテレビ事業の認知拡大のため、優れた取り組みやサービス、プロモーション活動を、年に1度表彰するアワードだ。「ベストプロモーション大賞」グランプリ・準グランプリをはじめ、各賞を決定した。

 準グランプリは日本ケーブルテレビ連盟信越支部長野県協議会(チラシ部門)の「夏だ 祭りだ 生中継だ!」篇と、中海テレビ放送(CM部門)の「中海Go!Go!レスキュー隊 ガイナーレ鳥取コーチ編」が獲得した。またイードが運営する『RBB TODAY』の読者投票によるRBB TODAY賞には、四万十ケーブルテレビ(グッドプラクティス部門)の「ドローンを活用!! 地域の魅力再発見&地域の安全への期待」が決定した。

 2015年は、昨年度の応募作品数113作品を上回る、122作品がエントリーした。それらの中から、予備審査、『RBB TODAY』編集部によるウェブ投票(有効投票数1565票/一般1154票、ケーブル事業者411票)、ケーブル・アワード2015アンバサダー久保純子氏らによる事前審査を経て、67作品が本審査会へと進んだ。

 本年は新たに「ケーブル・チョイス賞」を設け、『RBB TODAY』編集部へのケーブルテレビ業界関係者による投票で、スターキャト・ケーブルネットワーク(チラシ部門)の「速さダントツ! スターキャット光」が選ばれた。

 またアンバサダーの久保氏は、全部門の“こども・教育”をテーマとした作品から「特別賞」を選定、上田ケーブルビジョン(グッドプラクティス部門)の「手作り童話『おはなしランド』」が受賞した。久保氏は「上田の皆さんの、宇田の残したいものを伝えようとする気持ち、ほのぼのとした暖かい手作り感を感じられた。読み聞かせは可能性が大きい」とコメント。

 審査員の徳光歩(総務省情報量通行政局衛星・地域放送課地域放送推進室長)は「入間ケーブルテレビのグランプリは、地域密着の可能性を追求したのが評価された。総評として、今回もコンペは盛況だった。甲乙付け難く、まるで試験問題を解いているような気分で審査した。入賞作品は、地域の皆さんにアピールする力が強い」と語った。

 11日まで開催の「ケーブルコンベンション2015」では、ホールB5ロビーに入賞作品が展示される。

【ケーブルコンベンション2015】アワード グランプリは入間“愛情いっぱいの給食”

《高木啓》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

  2. 【越境ECフェス】中国・東南アジアで成功、その事業とは?

    【越境ECフェス】中国・東南アジアで成功、その事業とは?

  3. 社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

    社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

  4. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  5. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

  6. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  7. 【農業ワールド】ハウスに行かずとも照明や散水……農業自働化システム

  8. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  9. 健康経営でライフスタイルを変え新市場の創出……神奈川県のCHO構想

  10. 【運輸・交通EXPO:1】注目は体調管理のIT化!

アクセスランキングをもっと見る

page top