内閣府が4月度の「機械受注統計調査」を発表、3.8%増で9か月連続の増加 画像 内閣府が4月度の「機械受注統計調査」を発表、3.8%増で9か月連続の増加

マネジメント

 内閣府経済社会総合研究所は10日、平成27年4月度の「機械受注統計調査」を発表。民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需の受注額(季節調整値)」は、同3.8%増の9025億円で9か月連続の増加を達成。2008年7月以来の高水準となる受注額で、リーマンショック後、初めて9000億円台を回復した。

 大きな伸びを見せたのは製造業。民需の製造業からの受注では前月比で10.5%増となった。4月の受注を製造業の業種別にみると、非鉄金属(132.8%増)、電気機械(44.7%増)、自動車・同付属品(38.7%増)、造船業(35.7%増)、鉄鋼業(16.6%増)が増加。石油製品・石炭製品(57.0%減)、パルプ・紙・紙加工品(35.4%減)、「その他輸送用機械」(22.2%減)、食品製造業(12.1%減)が減少した。

 一方、非製造業は同0.6%の減少。不動産業(120.8%増)、金融業・保険業(116.2%増)、運輸業・郵便業(45.3%増)等が増加し、電力業(54.9%減)、通信業(49.7%減)、鉱業・採石業・砂利採取業(27.0%減)、リース業(22.2%減)、情報サービス業(22.1%減)が減少した。

 官公需は防衛省と運輸業で減少したものの、地方公務等で増加したことから、前月比45.3%増。外需は鉄道車両、航空機等で減少したことにより、前月比7.0%減。

 企業の投資への前向きな姿勢が、製造業を中心として表面化した今回の調査。設備投資の持続的回復への繋がりが期待できる結果となった。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ジェコス社長に馬越学JFEスチール専務執行役員、6月23日就任

    ジェコス社長に馬越学JFEスチール専務執行役員、6月23日就任

  2. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

    大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  3. 靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

    靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

  4. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  5. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  6. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  7. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  8. 国交省、仙台空港運営権のコンセッション実施契約を締結

  9. IFAWPCA東京大会が開幕、750人参加し開会式

  10. 【倒産情報】シリコンウエハー加工のオプト自己破産申請へ――負債総額105億円

アクセスランキングをもっと見る

page top