国の「ものづくり白書」が示す「ものづくり人材」の必要性 画像 国の「ものづくり白書」が示す「ものづくり人材」の必要性

インバウンド・地域活性

 政府は9日、「平成26年度ものづくり基盤技術の振興施策(ものづくり白書)」を閣議決定した。これは経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省共同でとりまとめている。

 第1部の「ものづくり基盤技術の現状と課題」は3章構成で、第2章は「良質な雇用を支えるものづくり人材の確保と育成」、第3章では「ものづくりの基盤を支える教育・研究開発」のタイトルで、ともに、ものづくり人材の必要性がテーマとなっている。構成の三分の二を費やすほど、ものづくり人材の不足が大きな課題となっているわけだ。

 国内では少子高齢化とともに、熟練した労働力が不足するなか、ものづくり産業への若者の入職者数も減少傾向にある。一方、ものづくりの現場では熟練技能が求められ、ものづくり人材の育成には長い年数が必要になる。つまり、若年労働者の人材確保、人材を育成するまでの時間、指導人材の不足という課題に対処しなければならない。

 ものづくり人材の中でも、理工系人材の戦略的育成は、国の成長戦略の重要な柱である科学技術イノベーションに大きく影響する。そこで国は3月に「理工系人材育成戦略」を策定。産学官が協働した理工系人材の質的充実・量的確保に向けて取り組んでいることを公表したが、国の施策に期待しつつも、ものづくり企業自身が独自に取り組む必要性も、今後、高まっていくだろう。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  2. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  3. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

    造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  8. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  9. 青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

  10. 鹿児島県薩摩川内市のコンベンション施設、ホテル、レストラン、商業施設も

アクセスランキングをもっと見る

page top