国の「ものづくり白書」が示す「ものづくり人材」の必要性 画像 国の「ものづくり白書」が示す「ものづくり人材」の必要性

インバウンド・地域活性

 政府は9日、「平成26年度ものづくり基盤技術の振興施策(ものづくり白書)」を閣議決定した。これは経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省共同でとりまとめている。

 第1部の「ものづくり基盤技術の現状と課題」は3章構成で、第2章は「良質な雇用を支えるものづくり人材の確保と育成」、第3章では「ものづくりの基盤を支える教育・研究開発」のタイトルで、ともに、ものづくり人材の必要性がテーマとなっている。構成の三分の二を費やすほど、ものづくり人材の不足が大きな課題となっているわけだ。

 国内では少子高齢化とともに、熟練した労働力が不足するなか、ものづくり産業への若者の入職者数も減少傾向にある。一方、ものづくりの現場では熟練技能が求められ、ものづくり人材の育成には長い年数が必要になる。つまり、若年労働者の人材確保、人材を育成するまでの時間、指導人材の不足という課題に対処しなければならない。

 ものづくり人材の中でも、理工系人材の戦略的育成は、国の成長戦略の重要な柱である科学技術イノベーションに大きく影響する。そこで国は3月に「理工系人材育成戦略」を策定。産学官が協働した理工系人材の質的充実・量的確保に向けて取り組んでいることを公表したが、国の施策に期待しつつも、ものづくり企業自身が独自に取り組む必要性も、今後、高まっていくだろう。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 富裕層インバウンドの法則その3

  5. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  6. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  7. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  10. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

アクセスランキングをもっと見る

page top