「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け 画像 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

制度・ビジネスチャンス

 組織の運営、管理における「トップダウン」と「ボトムアップ」は、常に対比して語られます。あたかも二者択一のように取り上げられる場面を見かけますが、組織運営においては、その両方が一定のバランスで必要なことは言うまでもなく、どちらか一方しかない会社というのは、少なくとも私は見たことがありません。

 このトップダウンとボトムアップのバランスは、組織風土の多くの部分を作り上げています。どんな組織でも、最後に経営トップが意思決定するのは当然ですが、そのプロセスではトップダウン主体の会社もボトムアップ主体の会社もあり、その時のテーマによっても対応は異なります。この偏りはどんな会社でもあります。

 トップダウン主体の会社を見ていて、挙げられる課題として最も多いのは、「中堅リーダー、マネージャーが育たない」ということです。社長がトップダウン的な意思決定を下すことが多い中小企業の場合、特に顕著に言われます。

 この一番の理由は、はっきり言うと「社長がすべて決めるから」です。「私は部下に任せている」と言う社長でも、実質的な判断はほとんど任せていないということも多く、リーダーたちは、自分自身で考えることが習慣化されていません。

 例えば、会社に向けた提案を、「社長にお願いして……」という言い方をすることがあります。自分たちが主体的に行う「問題提起」や「提案」ではなく、相手に判断を委ねる「依頼」または「お願い」なのです。ノープランのまま、「どうしましょうか?」などと上の意向だけを聞こうとする人は、思いのほか多くの会社で見られます。

 リーダー、マネージャーが育たないという原因の多くは、実はトップダウン主体の組織風土にあります。

 一方、ボトムアップ主体の会社では、少し違った課題があります。

《小笠原隆夫/ユニティ・サポート》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

    ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  2. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  3. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  5. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. 事業承継税制が大幅に改正される

  8. 兵庫県小野市の市場地区新産業団地整備/企業進出ニーズ高く、一部変更へ

  9. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  10. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

アクセスランキングをもっと見る

page top