研修生の受け入れから始まり現地工場を設立、出口処理でWin-Winを築く 画像 研修生の受け入れから始まり現地工場を設立、出口処理でWin-Winを築く

海外進出

 中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営する中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」は8日、「中小企業の海外展開入門」コンテンツの企業事例「わが社の国際ビジネスのポイント」で、「第49回 日本でシェアNo.1の工具をベトナムでも生産[フジ矢]」を新たに公開した。

 中小企業にとって人材の確保は大きな経営課題の1つ。ニッパやペンチをはじめとした工具の企画・開発・製造を手がけるフジ矢も、バブル崩壊後の1990年代に同じ課題に直面し、製造現場の人材を海外に求めた。2002年に技術研修制度を活用し、ベトナムからの研修生の受入を始めた。

 しかし、同社は単にベトナム人研修生を受け入れただけでは終わらない。ベトナムは手先が器用な国民で、国が人材を厳選して手配しているため、研修生はいずれも優秀だが、研修制度では3年で母国へ戻らなければならない。そこで、帰国後も研修生を活かせないかと模索したのだ。その結果、ベトナムに工場を設立することを決断し、07年8月に100%子会社の「FUJIYA MANUFACTURING VETNAM」を設立した。

 研修後の働き口が用意されていることは、ベトナム人研修生にとって大きなメリットだが、一方の同社にとっても、知識や技術を教えたせっかくの人材を逃すことなく活用できる。研修先として出口処理も考えたことで、互いにWin-Winの仕組みを築くことができたのだ。海外に人材を求める場合、どの国からどのように受け入れ、どのようにすれば活かしきれるか――フジ矢の事例から学べることは大きい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  3. 新関西国際空港、インドネシア・マカッサル空港拡張調査に参画

    新関西国際空港、インドネシア・マカッサル空港拡張調査に参画

  4. 【建設業「命」の現場で 5】第1章 被災地にて/そこにある違和感

  5. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  6. 50人の埼玉県立高校生から「世界のリーダー」を育成

  7. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

  8. ~越境ECを地方から:1~最小の資金&手間で、作務衣を世界へ

  9. 英ワイン品評会上位の“SAKE”、その味は?

  10. 寿司レストラン「スシキン」、満を持してインドネシア進出

アクセスランキングをもっと見る

page top