ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!? 画像 ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

マネジメント

 全研本社は8日、同社が運営する働き方と天職を考えるウェブマガジン「瓦版」のユーザーを対象に、ブラック企業に関する調査を実施。その結果、企業のブラック度は、待遇よりも労働時間や職場環境が大きく影響していることがわかった。

 まず、どのような企業をブラック企業だと考えるか、その定義を尋ねると、44%でトップになったのは「長時間労働」、続いて2位は33%の「パワハラの横行」が挙がった。この2つで全体の8割近くを占めている一方、意外なのは「低賃金」が14%と少なかったこと。「働いただけの成果を得る」という観点から賃金には問題がなく、むしろ、「賃金が人並みでも長時間働かされるのはつらい」と感じる人が多いようだ。

 次に、ブラック企業に入社してしまった場合、退社する際の理由を挙げてもらうと、「家庭内の事情」が39%、「病気関連」が27%で他を大きく引き離した。いわゆる「一身上の都合」が退社理由にしやすいようだ。以下、「キャリアアップ」「仕事がつらい」「夢を追うため」「人間関係」「転職するから」はいずれも数%の割合。自由回答欄では、「これ以上お役に立てません」「希望の職種に就けない」「会社が自分に合わないので」「海外移住」といった理由が挙がった。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

    シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  2. 少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

    少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

  3. 公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

    公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

  4. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  6. 新しくなるVICS――旅行時間や緊急情報など警察庁が制約解除

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  8. 建設女子応援、国交省が活躍23事例をHPで紹介

  9. モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表

  10. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

アクセスランキングをもっと見る

page top