ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!? 画像 ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

マネジメント

 全研本社は8日、同社が運営する働き方と天職を考えるウェブマガジン「瓦版」のユーザーを対象に、ブラック企業に関する調査を実施。その結果、企業のブラック度は、待遇よりも労働時間や職場環境が大きく影響していることがわかった。

 まず、どのような企業をブラック企業だと考えるか、その定義を尋ねると、44%でトップになったのは「長時間労働」、続いて2位は33%の「パワハラの横行」が挙がった。この2つで全体の8割近くを占めている一方、意外なのは「低賃金」が14%と少なかったこと。「働いただけの成果を得る」という観点から賃金には問題がなく、むしろ、「賃金が人並みでも長時間働かされるのはつらい」と感じる人が多いようだ。

 次に、ブラック企業に入社してしまった場合、退社する際の理由を挙げてもらうと、「家庭内の事情」が39%、「病気関連」が27%で他を大きく引き離した。いわゆる「一身上の都合」が退社理由にしやすいようだ。以下、「キャリアアップ」「仕事がつらい」「夢を追うため」「人間関係」「転職するから」はいずれも数%の割合。自由回答欄では、「これ以上お役に立てません」「希望の職種に就けない」「会社が自分に合わないので」「海外移住」といった理由が挙がった。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【解決!社長の悩み相談センター】第8回:どっちが得?――共同経営の理想と現実

    【解決!社長の悩み相談センター】第8回:どっちが得?――共同経営の理想と現実

  2. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

    西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  3. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

    上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  4. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  5. 従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

  6. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  7. 埼玉県が在宅ワーカー活用セミナー&マッチング会開催……女性活躍の場を広げる

  8. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  9. 自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年

  10. 完全週休2日制モデル工事を中部地方整備局が試行……入札参加者が任意で選択

アクセスランキングをもっと見る

page top