茨城・常陸牛がタイ進出、ベトナム2店に続いて海外3店舗目の販売推奨店指定 画像 茨城・常陸牛がタイ進出、ベトナム2店に続いて海外3店舗目の販売推奨店指定

インバウンド・地域活性

 茨城県のブランド牛「常陸牛」の販売推奨店として、タイの日本料理店・酒茶翁が新たに指定された。常陸牛の海外販売推奨店はこれが3店目で、タイでは初となる。

 常陸牛は茨城県常陸牛振興協会が認定する地元の牛肉ブランド。「常陸牛販売推奨店」は、常陸牛を常時メニューとして扱うことなどを条件に、飲食店、宿泊施設を対象に協会が指定し、キャンペーンでの連携をはかるほか、販促資材の有償提供を行っている。

 茨城県は茨城県畜産協会と連携して、今年5月にタイで開催されたアジア最大級の食品見本市であるTHAIFEX2015に参加しており、その際バンコク市内の日本料理店を巡って交渉。新たな取り扱い店舗を開拓するなかで、酒茶翁との合意に至った。同店では「常陸牛のたたき」をメニューとして提供する。

 常陸牛は2014年10月にベトナムのシェラトン・ハノイ・ホテルを海外初の販売推奨店として指定。同年12月に同じくベトナムの海味(UMI)ホーチミン店を販売推奨店指定している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  3. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  4. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 【ご当地美人】福島美女は53代目……ミスピーチキャンペーンクルー

  7. 2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 新宿ミラノ座再開発、12月に東急建設が解体着手

  10. 東京圏国家戦略特区の追加へ、提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア?

アクセスランキングをもっと見る

page top