茨城・常陸牛がタイ進出、ベトナム2店に続いて海外3店舗目の販売推奨店指定 画像 茨城・常陸牛がタイ進出、ベトナム2店に続いて海外3店舗目の販売推奨店指定

インバウンド・地域活性

 茨城県のブランド牛「常陸牛」の販売推奨店として、タイの日本料理店・酒茶翁が新たに指定された。常陸牛の海外販売推奨店はこれが3店目で、タイでは初となる。

 常陸牛は茨城県常陸牛振興協会が認定する地元の牛肉ブランド。「常陸牛販売推奨店」は、常陸牛を常時メニューとして扱うことなどを条件に、飲食店、宿泊施設を対象に協会が指定し、キャンペーンでの連携をはかるほか、販促資材の有償提供を行っている。

 茨城県は茨城県畜産協会と連携して、今年5月にタイで開催されたアジア最大級の食品見本市であるTHAIFEX2015に参加しており、その際バンコク市内の日本料理店を巡って交渉。新たな取り扱い店舗を開拓するなかで、酒茶翁との合意に至った。同店では「常陸牛のたたき」をメニューとして提供する。

 常陸牛は2014年10月にベトナムのシェラトン・ハノイ・ホテルを海外初の販売推奨店として指定。同年12月に同じくベトナムの海味(UMI)ホーチミン店を販売推奨店指定している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

    地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top