茨城・常陸牛がタイ進出、ベトナム2店に続いて海外3店舗目の販売推奨店指定 画像 茨城・常陸牛がタイ進出、ベトナム2店に続いて海外3店舗目の販売推奨店指定

インバウンド・地域活性

 茨城県のブランド牛「常陸牛」の販売推奨店として、タイの日本料理店・酒茶翁が新たに指定された。常陸牛の海外販売推奨店はこれが3店目で、タイでは初となる。

 常陸牛は茨城県常陸牛振興協会が認定する地元の牛肉ブランド。「常陸牛販売推奨店」は、常陸牛を常時メニューとして扱うことなどを条件に、飲食店、宿泊施設を対象に協会が指定し、キャンペーンでの連携をはかるほか、販促資材の有償提供を行っている。

 茨城県は茨城県畜産協会と連携して、今年5月にタイで開催されたアジア最大級の食品見本市であるTHAIFEX2015に参加しており、その際バンコク市内の日本料理店を巡って交渉。新たな取り扱い店舗を開拓するなかで、酒茶翁との合意に至った。同店では「常陸牛のたたき」をメニューとして提供する。

 常陸牛は2014年10月にベトナムのシェラトン・ハノイ・ホテルを海外初の販売推奨店として指定。同年12月に同じくベトナムの海味(UMI)ホーチミン店を販売推奨店指定している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  2. 国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

    国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 昭和記念公園に隣接、立飛みどり地区プロジェクトが起工/多目的ホールやホテルも

  5. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  6. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  7. ~リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:2~バリ勝男クン。

  8. ~リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:1~イカ天瀬戸内れもん味

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top