今後15年で沖縄を除くほとんどの地域で乗用車保有台数は減少する――野村総研 画像 今後15年で沖縄を除くほとんどの地域で乗用車保有台数は減少する――野村総研

マネジメント

野村総合研究所(NRI)は、国内の乗用車保有台数について、NRIが独自に開発したエリアデータ分析ツール「マーケット・トランスレーター」を用いて、2030年までの将来推計を行った。

その結果、全国の乗用車保有台数(自家用の乗用車で普通車と小型車、軽自動車を除く)は、2030年に約3597万台となり、2014年3月末時点の3953万台から、356万台減少する予測が得られた。

16年間の減少率は9%で、同期間における全国世帯数の減少率(2.8%)の約3倍となる。乗用車保有の減少率が世帯数の減少率を上回る理由は、年齢構成変化(高齢化に伴う運転者の減少など)と人口の都市中心部への集中が、自動車保有にはマイナスに働くためと考えられる。

都道府県別に見ると、乗用車保有台数の減少率では、1位は秋田県(-20.0%)、2位 青森県(-18.1%)、3位 高知県(-17.0%)、4位 岩手県(-16.2%)、5位 鹿児島県(-16.1%)。人口・世帯数の減少率が高い県が上位を占めた。

減少量では、トップが北海道(30.4万台減)、2位 千葉県(16.5万台減)、3位 埼玉県(15.1万台減)、4位 茨城県(14.4万台減)、5位 福岡県(14.4万台減)の順。現在の乗用車保有台数が多く、減少率が比較的大きい道県が上位となった。

なお、2014年で都道府県別にみた保有台数が最大の愛知県は、287.9万台から281万台に減少すると予想(減少率2.4%)。また沖縄県は、全国で唯一、約1300台の増加(+0.4%)が見込まれる。

国内乗用車保有台数、15年後は356万台減の3597万台…野村総研調べ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 若者や女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」、東京都が開設

    若者や女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」、東京都が開設

  2. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

    【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  3. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

    大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  4. アジア国際交流支援機構、外国人技術者の就労支援を展開

  5. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  6. 世界の自動車用樹脂市場、今後も拡大を予測

  7. オートバックス楽天市場店、購入品を店舗受け取り可能に、取り付けも

  8. 転職を思いとどまらせる切り札は「〇〇歳までの長期雇用」

  9. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  10. 大阪府立病院機構、呼吸器・アレルギー医療センターの施設整備を計画

アクセスランキングをもっと見る

page top