今後15年で沖縄を除くほとんどの地域で乗用車保有台数は減少する――野村総研 画像 今後15年で沖縄を除くほとんどの地域で乗用車保有台数は減少する――野村総研

マネジメント

野村総合研究所(NRI)は、国内の乗用車保有台数について、NRIが独自に開発したエリアデータ分析ツール「マーケット・トランスレーター」を用いて、2030年までの将来推計を行った。

その結果、全国の乗用車保有台数(自家用の乗用車で普通車と小型車、軽自動車を除く)は、2030年に約3597万台となり、2014年3月末時点の3953万台から、356万台減少する予測が得られた。

16年間の減少率は9%で、同期間における全国世帯数の減少率(2.8%)の約3倍となる。乗用車保有の減少率が世帯数の減少率を上回る理由は、年齢構成変化(高齢化に伴う運転者の減少など)と人口の都市中心部への集中が、自動車保有にはマイナスに働くためと考えられる。

都道府県別に見ると、乗用車保有台数の減少率では、1位は秋田県(-20.0%)、2位 青森県(-18.1%)、3位 高知県(-17.0%)、4位 岩手県(-16.2%)、5位 鹿児島県(-16.1%)。人口・世帯数の減少率が高い県が上位を占めた。

減少量では、トップが北海道(30.4万台減)、2位 千葉県(16.5万台減)、3位 埼玉県(15.1万台減)、4位 茨城県(14.4万台減)、5位 福岡県(14.4万台減)の順。現在の乗用車保有台数が多く、減少率が比較的大きい道県が上位となった。

なお、2014年で都道府県別にみた保有台数が最大の愛知県は、287.9万台から281万台に減少すると予想(減少率2.4%)。また沖縄県は、全国で唯一、約1300台の増加(+0.4%)が見込まれる。

国内乗用車保有台数、15年後は356万台減の3597万台…野村総研調べ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

    「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  2. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

    国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  5. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  7. 「インスタグラム」のPR効果に注目、JA全農などキャンペーン展開

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  9. ヘルスケア業界向け「営業スキル強化プログラム」登場

  10. 【オートモーティブワールド16】トレンドと新たな試み…事務局長 早田匡希氏

アクセスランキングをもっと見る

page top