電力会社の変更意向は60%以上――ポイントは料金と信頼性 画像 電力会社の変更意向は60%以上――ポイントは料金と信頼性

マネジメント

 共同通信社は4日、2016年春に予定されている「電力小売の自由化」に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は5月16日~17日で、北海道/東北/東京/北陸/中部/関西/中国/四国/九州の9電力エリアごとに各100名づつ、計900名から回答を得た。

 まず「電力小売自由化」の認知について聞くと、「内容を詳しく知っている」「内容を知っている」「内容をなんとなく知っている」「名前は聞いたことがある」の合計は77.9%。一方で、「内容を詳しく知っている」「内容を知っている」のみに限ると、11.8%にとどまり、理解度は低い。

 「現在契約している電力会社を変更することが可能になった場合、変更したいと思いますか」と聞くと、「電気代が同じでも変更したい」「電気代が安くなるなら変更したい」が合わせて63.6%と、6割超が変更意向を持っていることが明らかとなった。

 「電気代の割引制度や電力供給のサービスとして、どのようなものがあれば使用したいか」を聞くと、「長期契約での割引」「一定の使用量までは定額」「ガスや水道の契約とセットによる割引」がトップ3で、料金面での優遇が臨まれていることがわかる。

 電力会社を変更したいと答えた565人に、「電力会社を変更するタイミング」について聞くと、「自由化されたらすぐに変更する」は14.2%。「早い時期に変更した人の様子や評判を聞いて」「多くの人が使うようになったら、様子を見て」など、状況で判断するという回答が85.8%だった。様子見の476人に理由について尋ねると、「本当に安くなるのかを確かめたい」77.5%のほか、「電気が途切れず、安定して送信されるのを確かめたい」「トラブルがあった際の対応を見たい」が上位となっており、「お得感」だけでなく、電力供給への「安心感」にも配慮しているのが現状のようだ。

 これは「電力会社を選択する際に何を重視するか」でも同じで、「電気料金が安いこと」57.3%に続いて「安心・安全なイメージがあること」47.0%、「トラブル時の対応が迅速でていねいであること」40.1%と、安心感に関連する項目が並んだ。

電力小売自由化、「お得感」と「安心感」が選択のポイント

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

    中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  2. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

    【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  3. 15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

    15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

  4. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  5. 人が足りない「鳶業界」に脚光を!5月24日に「鳶-1GP in関東」開催決定

  6. 保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

  7. 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

  8. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  9. 風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

  10. 国交省・池田技術審議官「生産性向上」「情報化施工を一般化」

アクセスランキングをもっと見る

page top