電力会社の変更意向は60%以上――ポイントは料金と信頼性 画像 電力会社の変更意向は60%以上――ポイントは料金と信頼性

マネジメント

 共同通信社は4日、2016年春に予定されている「電力小売の自由化」に関する意識調査の結果を発表した。調査期間は5月16日~17日で、北海道/東北/東京/北陸/中部/関西/中国/四国/九州の9電力エリアごとに各100名づつ、計900名から回答を得た。

 まず「電力小売自由化」の認知について聞くと、「内容を詳しく知っている」「内容を知っている」「内容をなんとなく知っている」「名前は聞いたことがある」の合計は77.9%。一方で、「内容を詳しく知っている」「内容を知っている」のみに限ると、11.8%にとどまり、理解度は低い。

 「現在契約している電力会社を変更することが可能になった場合、変更したいと思いますか」と聞くと、「電気代が同じでも変更したい」「電気代が安くなるなら変更したい」が合わせて63.6%と、6割超が変更意向を持っていることが明らかとなった。

 「電気代の割引制度や電力供給のサービスとして、どのようなものがあれば使用したいか」を聞くと、「長期契約での割引」「一定の使用量までは定額」「ガスや水道の契約とセットによる割引」がトップ3で、料金面での優遇が臨まれていることがわかる。

 電力会社を変更したいと答えた565人に、「電力会社を変更するタイミング」について聞くと、「自由化されたらすぐに変更する」は14.2%。「早い時期に変更した人の様子や評判を聞いて」「多くの人が使うようになったら、様子を見て」など、状況で判断するという回答が85.8%だった。様子見の476人に理由について尋ねると、「本当に安くなるのかを確かめたい」77.5%のほか、「電気が途切れず、安定して送信されるのを確かめたい」「トラブルがあった際の対応を見たい」が上位となっており、「お得感」だけでなく、電力供給への「安心感」にも配慮しているのが現状のようだ。

 これは「電力会社を選択する際に何を重視するか」でも同じで、「電気料金が安いこと」57.3%に続いて「安心・安全なイメージがあること」47.0%、「トラブル時の対応が迅速でていねいであること」40.1%と、安心感に関連する項目が並んだ。

電力小売自由化、「お得感」と「安心感」が選択のポイント

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 建設業界始動、成長に向けて変革、収益力・生産性向上へ

    建設業界始動、成長に向けて変革、収益力・生産性向上へ

  3. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

    わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  4. 東海地区に22店舗、スーパー「トミダヤ」が再生支援要請……地域経済活性化支援機構が応じる

  5. 全建「就労履歴システム検討ワーキンググループ」が初会合

  6. 【回転窓】民間工事にも「発注者責任」を

  7. 独ZFの米TRW買収が完了――巨大Tier1サプライヤー誕生

  8. 年末緊急! 都が中小企業の金融・雇用等を支援

  9. インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

  10. 名刺の使い方で売上アップ!名刺管理活用術セミナー

アクセスランキングをもっと見る

page top