ステレオカメラとGPUの開発パッケージ発売――ZMPが自動運転車向けのPCキット 画像 ステレオカメラとGPUの開発パッケージ発売――ZMPが自動運転車向けのPCキット

IT業務効率

ZMPは、ソニー製超高感度CMOSイメージセンサを2個搭載したステレオビジョンシステム「RoboVision2」と高性能GPU搭載パソコンによるセットパッケージの販売を開始した。

新製品は、ソニー製車載向け超高感度CMOSイメージセンサIMX224を2個搭載し、USB3.0でパソコンへ取り込みが可能なステレオビジョンシステム「RoboVision2」と、高性能GPU搭載パソコンをセットにしたもの。

RoboVision2は、暗闇に相当する低照度0.005ルクスでも高画質なカラー映像が取得可能なイメージセンサを搭載し、最大1280×960ピクセルで30fpsのカラー映像の取得が可能。ソフトウェア開発環境(SDK)として、カメラのキャリブレーションなどの設定や視差画像を出力するためのライブラリ、すぐに画像を確認できるアプリケーションを付属する。

また、セットパッケージではNVIDIAの高性能GPU「GeForce GTX980」搭載のパソコンにあらかじめライブラリ、ソフトウェアをインストールした状態で納品する。セットパッケージとすることで手間のかかるセットアップ作業が不要となる

先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車両では、夕方や夜間など、低照度環境で先行車両や歩行者などのセンシングが求められる。セットパッケージでは、これらセンシングシステムの研究開発に活用してもらうことを想定している。

価格はRoboVion2本体が80万円(税別)で、パソコンと合わせたセットパッケージが120万円(税別)。

ZMP、自動運転車の研究開発向けPCセットパッケージを発売

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足、オープンイノベーションへ

    次世代IoTシステムの規格化を目指す業界団体が発足、オープンイノベーションへ

  4. ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

  5. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  6. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  7. 食と安全が生んだエームサービスの健康経営

  8. 高齢者向け賃貸住宅でIoTを使った見守りサービスを実証実験

  9. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  10. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

アクセスランキングをもっと見る

page top