ステレオカメラとGPUの開発パッケージ発売――ZMPが自動運転車向けのPCキット 画像 ステレオカメラとGPUの開発パッケージ発売――ZMPが自動運転車向けのPCキット

IT業務効率

ZMPは、ソニー製超高感度CMOSイメージセンサを2個搭載したステレオビジョンシステム「RoboVision2」と高性能GPU搭載パソコンによるセットパッケージの販売を開始した。

新製品は、ソニー製車載向け超高感度CMOSイメージセンサIMX224を2個搭載し、USB3.0でパソコンへ取り込みが可能なステレオビジョンシステム「RoboVision2」と、高性能GPU搭載パソコンをセットにしたもの。

RoboVision2は、暗闇に相当する低照度0.005ルクスでも高画質なカラー映像が取得可能なイメージセンサを搭載し、最大1280×960ピクセルで30fpsのカラー映像の取得が可能。ソフトウェア開発環境(SDK)として、カメラのキャリブレーションなどの設定や視差画像を出力するためのライブラリ、すぐに画像を確認できるアプリケーションを付属する。

また、セットパッケージではNVIDIAの高性能GPU「GeForce GTX980」搭載のパソコンにあらかじめライブラリ、ソフトウェアをインストールした状態で納品する。セットパッケージとすることで手間のかかるセットアップ作業が不要となる

先進運転支援システム(ADAS)や自動運転車両では、夕方や夜間など、低照度環境で先行車両や歩行者などのセンシングが求められる。セットパッケージでは、これらセンシングシステムの研究開発に活用してもらうことを想定している。

価格はRoboVion2本体が80万円(税別)で、パソコンと合わせたセットパッケージが120万円(税別)。

ZMP、自動運転車の研究開発向けPCセットパッケージを発売

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~動画PRの成功術:2~月30台もピアノが売れる動画とは?

    ~動画PRの成功術:2~月30台もピアノが売れる動画とは?

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

    ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

  4. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  7. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  9. 熊谷組らが新型乾式浮き床開発。仕上げ高さを抑えて衝撃音遮断

  10. 「Staple Pulse for HANJO HANJO」をご利用のお客様へ

アクセスランキングをもっと見る

page top