【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン 画像 【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン

インバウンド・地域活性

 色も、形も、触り心地も、本物とそっくりだ。名古屋市名東区の池山メディカルジャパンが独自技術を駆使して製造する人工乳房は、その品質の高さから乳がんで乳房を失ってしまった多くの女性患者からの支持を集めている。最近では、製品のラインナップを指や鼻、耳といった人工ボディパーツ(エピテーゼ)にまで拡充。さらに、中国での事業もスタートさせた。同社の高い技術と、順調に成長を続ける理由とは? その秘密を探った。

■家族旅行がきっかけに
 池山社長が人工乳房づくりを始めたのは2003年のこと。妹の切実な願いを知ったことがきっかけだった。家族で温泉旅行に出かけた時、妹だけがなぜか入ろうとしなかったという。「私、温泉に入りたいけど、入れないの…」。理由を聞いてみると、こんな答えが返ってきた。「乳がんで片方の胸を失ってしまった姿を誰にも見られたくなかったから。女性にとって乳房とは、命と同じぐらい大切なものなの」。

 当時の主流だった人工乳房は、ひと目で作り物と分かってしまうクオリティ。片手で胸を隠しながら、温泉に入るより仕方がなかったそうだ。そんな現実を知った池山社長は、自らの手で人工乳房を開発するしかないと決意を固める。「『モノがこれだけしかないのだから、人の方がそれに合わせろ』という姿勢はとても乱暴に感じました。なぜ患者のニーズに合わせて、より良い製品をつくろうとしないのだろうと…」。

■開発に2年、製作は手作業
 残った胸の型を取り、手作業で精巧に仕上げていくという独自の製法を確立したのは、開発に着手してから約2年後のこと。数種類のシリコーンを配合し、より本物に近い手触りを実現。顔料を使って着色する肌の色も、それぞれの利用者にぴったり合う色を出せるようになった。

 形や色をひとりひとりに合わせたオーダーメイドの人工乳房という、これまでの概念を覆す画期的な商品の誕生に、乳がん患者も注目。2006年の販売開始以降コンスタントに受注を重ね、累計販売数は4000個を数えるまでに。今や業界のトップランナーとなった。

 「現在では、世界中のどんな会社にも負けない人工乳房が製作できるようになったと自負しています。価格は最も低い価格帯のものでも1個30万円と、決して安くはない製品ですが、購入していただいたお客様からは『人生で一番よい買い物ができた』という声をよくちょうだいするほどです」と池山社長は胸を張る。

 同社が製作する人工乳房はすべて手作業。型取りから完成まで2カ月ほどかかるという。現在、外部スタッフも含めて10数人の技術者が働いているが、一人当たりの作業量が限られているため、現行体制では年間1000個の受注で手一杯の状態。一方で、全国の乳がん患者数は年間約7万人。そのうちの6割が乳房を摘出すると言われている。潜在的な需要に供給が追いついていないのが現実だ。

《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

    東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 富裕層インバウンドの法則その2

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  10. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

アクセスランキングをもっと見る

page top