【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン 画像 【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン

インバウンド・地域活性

 色も、形も、触り心地も、本物とそっくりだ。名古屋市名東区の池山メディカルジャパンが独自技術を駆使して製造する人工乳房は、その品質の高さから乳がんで乳房を失ってしまった多くの女性患者からの支持を集めている。最近では、製品のラインナップを指や鼻、耳といった人工ボディパーツ(エピテーゼ)にまで拡充。さらに、中国での事業もスタートさせた。同社の高い技術と、順調に成長を続ける理由とは? その秘密を探った。

■家族旅行がきっかけに
 池山社長が人工乳房づくりを始めたのは2003年のこと。妹の切実な願いを知ったことがきっかけだった。家族で温泉旅行に出かけた時、妹だけがなぜか入ろうとしなかったという。「私、温泉に入りたいけど、入れないの…」。理由を聞いてみると、こんな答えが返ってきた。「乳がんで片方の胸を失ってしまった姿を誰にも見られたくなかったから。女性にとって乳房とは、命と同じぐらい大切なものなの」。

 当時の主流だった人工乳房は、ひと目で作り物と分かってしまうクオリティ。片手で胸を隠しながら、温泉に入るより仕方がなかったそうだ。そんな現実を知った池山社長は、自らの手で人工乳房を開発するしかないと決意を固める。「『モノがこれだけしかないのだから、人の方がそれに合わせろ』という姿勢はとても乱暴に感じました。なぜ患者のニーズに合わせて、より良い製品をつくろうとしないのだろうと…」。

■開発に2年、製作は手作業
 残った胸の型を取り、手作業で精巧に仕上げていくという独自の製法を確立したのは、開発に着手してから約2年後のこと。数種類のシリコーンを配合し、より本物に近い手触りを実現。顔料を使って着色する肌の色も、それぞれの利用者にぴったり合う色を出せるようになった。

 形や色をひとりひとりに合わせたオーダーメイドの人工乳房という、これまでの概念を覆す画期的な商品の誕生に、乳がん患者も注目。2006年の販売開始以降コンスタントに受注を重ね、累計販売数は4000個を数えるまでに。今や業界のトップランナーとなった。

 「現在では、世界中のどんな会社にも負けない人工乳房が製作できるようになったと自負しています。価格は最も低い価格帯のものでも1個30万円と、決して安くはない製品ですが、購入していただいたお客様からは『人生で一番よい買い物ができた』という声をよくちょうだいするほどです」と池山社長は胸を張る。

 同社が製作する人工乳房はすべて手作業。型取りから完成まで2カ月ほどかかるという。現在、外部スタッフも含めて10数人の技術者が働いているが、一人当たりの作業量が限られているため、現行体制では年間1000個の受注で手一杯の状態。一方で、全国の乳がん患者数は年間約7万人。そのうちの6割が乳房を摘出すると言われている。潜在的な需要に供給が追いついていないのが現実だ。

《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

    宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

  4. 東京圏国家戦略特区の追加へ、提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア?

  5. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

アクセスランキングをもっと見る

page top