東大阪市の金型工場が未来の職人をつくる発信基地「enjoymono」立ち上げに向け支援募集

インバウンド・地域活性

enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
  • enjoymonoでは町工場の企業による講座やワークショップ、つくりたいものの具体化などを行う
 東大阪市でプレス金型製造・プレス加工を行う中辻金型工業が、ものづくりに触れたり体験したりできる発信基地「enjoymono」立ち上げに向け、クラウドファンディングでの資金募集を開始した。

 enjoymonoは、町工場や職人の人材不足や、継承する若手の不在などを背景に考案されたプロジェクト。子どもをはじめ、ものづくりに興味がある人と、ものづくりに携わるプロをつなぎ、職人や技術を継承していくのが目的だ。プロではないが、ものづくりに触れ、楽しむ心を持つ人を年齢問わず「こども金型職人」と名付け、こうした層の拡大を狙う。具体的には、「知る」「体験する」「作る」の3つを柱にし、町工場らによるものづくり講座の開催、金型などを使ったワークショップ、アイディアを町工場などとつないで形にするといった活動を、enjoymonoを拠点に展開していく。

 プロジェクトの目標募集金額は90万円で、クラウドファンディングサイト・zenmonoにて支援を募っている。支援は最低1000円からで、支援額に応じてワークショップ参加権、協賛者プレートへの名入れなどの権利が送られる。募集は7月30日24時までで、4日17時過ぎの時点で目標の50%強にあたる47万6000円の支援が集まっている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 福岡県柳川市の市民文化会館、コンセプトは「水上に浮かぶ柳川の舞台」

  5. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  9. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top