地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択 画像 地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択

インバウンド・地域活性

 資源エネルギー庁が2015年度の地熱開発理解促進関連事業支援補助金の対象事業者を決定。全国で28事業者が採択された。

 この補助金事業は、事業を通して地域の地熱利用への理解を深めてもらうのを目的としたもの。地域への貢献や共生関係を深めることで地熱資源の開発の地盤づくりを狙う。

 採択された事業者は、北海道の10事業者をはじめ、全国28の自治体や企業。多くが勉強会や講演などを通して理解促進を図るものだが、地熱発電所が設置されている北海道森町による発電後の熱水を利用したビニールハウスへの熱供給強化や、国内トップの地熱発電量を誇る大分県での地熱発電後の熱水を活用したハーブ園設置、足湯整備など、具体的な事業と結びついたものも提案、採択されている。

 なお、同補助金事業は二次公募も開始しており、6月30日正午まで受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. 富裕層インバウンドの法則その4

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 自民党幹事長・二階俊博氏に聞く。糸魚川大火の対応は迅速だったのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top