地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択 画像 地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択

インバウンド・地域活性

 資源エネルギー庁が2015年度の地熱開発理解促進関連事業支援補助金の対象事業者を決定。全国で28事業者が採択された。

 この補助金事業は、事業を通して地域の地熱利用への理解を深めてもらうのを目的としたもの。地域への貢献や共生関係を深めることで地熱資源の開発の地盤づくりを狙う。

 採択された事業者は、北海道の10事業者をはじめ、全国28の自治体や企業。多くが勉強会や講演などを通して理解促進を図るものだが、地熱発電所が設置されている北海道森町による発電後の熱水を利用したビニールハウスへの熱供給強化や、国内トップの地熱発電量を誇る大分県での地熱発電後の熱水を活用したハーブ園設置、足湯整備など、具体的な事業と結びついたものも提案、採択されている。

 なお、同補助金事業は二次公募も開始しており、6月30日正午まで受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

  9. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

アクセスランキングをもっと見る

page top