地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択 画像 地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択

インバウンド・地域活性

 資源エネルギー庁が2015年度の地熱開発理解促進関連事業支援補助金の対象事業者を決定。全国で28事業者が採択された。

 この補助金事業は、事業を通して地域の地熱利用への理解を深めてもらうのを目的としたもの。地域への貢献や共生関係を深めることで地熱資源の開発の地盤づくりを狙う。

 採択された事業者は、北海道の10事業者をはじめ、全国28の自治体や企業。多くが勉強会や講演などを通して理解促進を図るものだが、地熱発電所が設置されている北海道森町による発電後の熱水を利用したビニールハウスへの熱供給強化や、国内トップの地熱発電量を誇る大分県での地熱発電後の熱水を活用したハーブ園設置、足湯整備など、具体的な事業と結びついたものも提案、採択されている。

 なお、同補助金事業は二次公募も開始しており、6月30日正午まで受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  4. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  5. 経産省、海外向け日本酒スマホアプリ…ラベル読み取りで情報表示

  6. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  7. 「わたし夢川ゆい、お米応援大使よ」全農がアニメキャラでPR

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  10. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

アクセスランキングをもっと見る

page top