地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択 画像 地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択

インバウンド・地域活性

 資源エネルギー庁が2015年度の地熱開発理解促進関連事業支援補助金の対象事業者を決定。全国で28事業者が採択された。

 この補助金事業は、事業を通して地域の地熱利用への理解を深めてもらうのを目的としたもの。地域への貢献や共生関係を深めることで地熱資源の開発の地盤づくりを狙う。

 採択された事業者は、北海道の10事業者をはじめ、全国28の自治体や企業。多くが勉強会や講演などを通して理解促進を図るものだが、地熱発電所が設置されている北海道森町による発電後の熱水を利用したビニールハウスへの熱供給強化や、国内トップの地熱発電量を誇る大分県での地熱発電後の熱水を活用したハーブ園設置、足湯整備など、具体的な事業と結びついたものも提案、採択されている。

 なお、同補助金事業は二次公募も開始しており、6月30日正午まで受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

    老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

  3. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

    横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

  4. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  5. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  6. Jヴィレッジ再整備、7月一部施設先行開業/福島復興のシンボルに

  7. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  8. 天井から冷気を輻射、中小向けの省エネ空調システム開発

  9. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top