地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択 画像 地熱発電後の熱水を農業などに再利用……エネルギー庁が地熱開発への理解促進に補助、28事業者を採択

インバウンド・地域活性

 資源エネルギー庁が2015年度の地熱開発理解促進関連事業支援補助金の対象事業者を決定。全国で28事業者が採択された。

 この補助金事業は、事業を通して地域の地熱利用への理解を深めてもらうのを目的としたもの。地域への貢献や共生関係を深めることで地熱資源の開発の地盤づくりを狙う。

 採択された事業者は、北海道の10事業者をはじめ、全国28の自治体や企業。多くが勉強会や講演などを通して理解促進を図るものだが、地熱発電所が設置されている北海道森町による発電後の熱水を利用したビニールハウスへの熱供給強化や、国内トップの地熱発電量を誇る大分県での地熱発電後の熱水を活用したハーブ園設置、足湯整備など、具体的な事業と結びついたものも提案、採択されている。

 なお、同補助金事業は二次公募も開始しており、6月30日正午まで受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  2. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

    十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  3. JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

    JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  6. 大阪市福島区に12階建て複合ビル、宿泊主体型ホテルも

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. アップル、綱島R&D施設の建設計画を発表――設計は大林組

  9. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

アクセスランキングをもっと見る

page top