大分県が「金融機関提案型資金」を創設、地元金融機関のノウハウを活用 画像 大分県が「金融機関提案型資金」を創設、地元金融機関のノウハウを活用

マネジメント

 大分県は2日、各金融機関が独自に企画した融資メニューを制度融資として取り扱う「金融機関提案型資金」を創設すると発表した。通常の制度融資と同様に低利での借入れが可能で、各金融機関から融資内容に応じた経営支援サービスを受けられるという。

 地元金融機関が有しているノウハウを利用し、新たな事業展開に取り組む中小企業等を支援する大分県の「金融機関提案型資金」。日田信用金庫の「地場産業応援融資」では「酒造業等日田玖珠地区内の特色を活かした商品作りを行っている者」等を融資の対象とし、事業計画支援やビジネスマッチング支援を行う。

 創業後3年以内の女性創業者を融資対象とする大分信用金庫による「女性創業応援ローン」、商工団体の経営指導を受けている小規模企業を対象とした大分みらい信用金庫による「小規模企業者応援融資」等、金融機関が個別に設定したユニークな支援が並ぶ同制度資金。いずれも地元の新規創業者やものづくりに取り組む事業者を地域一体となってバックアップするプログラムが組まれている。

 「地方創生」が政府の最重要課題と位置付けられている現在、「地元企業を強くする」同県の柔軟な取り組みに注目したい。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

    「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  2. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

    リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  3. 人が足りない「鳶業界」に脚光を!5月24日に「鳶-1GP in関東」開催決定

    人が足りない「鳶業界」に脚光を!5月24日に「鳶-1GP in関東」開催決定

  4. VWジャパンの庄司社長退任は「本人の意向」、JAIA理事長も退任

  5. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  6. 起業や法人化のトレンドは合同会社? 5年連続で20%以上の増加率記録

  7. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

アクセスランキングをもっと見る

page top