大分県が「金融機関提案型資金」を創設、地元金融機関のノウハウを活用 画像 大分県が「金融機関提案型資金」を創設、地元金融機関のノウハウを活用

マネジメント

 大分県は2日、各金融機関が独自に企画した融資メニューを制度融資として取り扱う「金融機関提案型資金」を創設すると発表した。通常の制度融資と同様に低利での借入れが可能で、各金融機関から融資内容に応じた経営支援サービスを受けられるという。

 地元金融機関が有しているノウハウを利用し、新たな事業展開に取り組む中小企業等を支援する大分県の「金融機関提案型資金」。日田信用金庫の「地場産業応援融資」では「酒造業等日田玖珠地区内の特色を活かした商品作りを行っている者」等を融資の対象とし、事業計画支援やビジネスマッチング支援を行う。

 創業後3年以内の女性創業者を融資対象とする大分信用金庫による「女性創業応援ローン」、商工団体の経営指導を受けている小規模企業を対象とした大分みらい信用金庫による「小規模企業者応援融資」等、金融機関が個別に設定したユニークな支援が並ぶ同制度資金。いずれも地元の新規創業者やものづくりに取り組む事業者を地域一体となってバックアップするプログラムが組まれている。

 「地方創生」が政府の最重要課題と位置付けられている現在、「地元企業を強くする」同県の柔軟な取り組みに注目したい。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 自動車産業の10年後を見据えたグローバル戦略――日本のものづくりが生き残るため

    自動車産業の10年後を見据えたグローバル戦略――日本のものづくりが生き残るため

  2. 国土地理院、ドローン活用へ基準案整備

    国土地理院、ドローン活用へ基準案整備

  3. 同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス

    同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス

  4. アパホテル、東京都墨田区に31階建てホテルを計画

  5. 東芝が深刻、フリーキャッシュフロー悪化で資金調達に影響も

  6. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  7. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  8. 建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

アクセスランキングをもっと見る

page top