楽天の加速する「地方戦略」 ――金沢市・富山銀行と提携を発表 画像 楽天の加速する「地方戦略」 ――金沢市・富山銀行と提携を発表

インバウンド・地域活性

 楽天は2日、金沢市や富山銀行など北陸方面における連携・協定について相次いで発表した。

 金沢市と締結した「インターネットを活用した連携協力に係る協定」では、「楽天が提供するさまざまなサービスによる連携協力」を通じて「インターネットを活用した金沢市内の事業者の販路拡大や地場産品の販売促進」等、金沢市の企業や事業主の支援、地域経済の活性化を目的としている。

 同社は会見で「金沢かがやきブランド認定商品」等の販売や、金沢市内の宿泊施設や旅行者の動向についてのセミナー開催の検討を発表。今回の協定締結により、現在、金沢市の店舗が約100店が出店している「楽天市場」、約100施設が登録されている「楽天トラベル」の同市でのさらなる拡大が予想される。

 また同日、楽天は富山銀行との「取引先を紹介するビジネスマッチングに関する業務提携契約」を発表。「ネット通販事業を新たに検討する」富山銀行の取引先を対象として、富山銀行と楽天が協力して出店提案することで、地元企業の新しい販売チャネル構築を支援するという。

 今年3月の北陸新幹線開通に合わせ、同月に金沢支社を開設するなど、北陸地域での活動を強化している楽天。同社は「地方自治体との取り組み」について「ECによる事業者の販路拡大」や「EC分野による人材育成」「地域の魅力の発信」等をテーマに設定し、業務連携を行っている地方自治体は今回の金沢市を含め40にも及ぶ。

 全国に600名のECコンサルタントのネットワークを築くほか、47都道府県の名産品を紹介する「まち楽」や各地の県民性や新たな地域の魅力を発信する「ご当地総研」等のウェブコンテンツの運営も行う同社。北陸のみならず、さらなる「地方」での事業拡大を見据えている。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  2. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  3. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

    大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  4. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  7. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top