楽天の加速する「地方戦略」 ――金沢市・富山銀行と提携を発表 画像 楽天の加速する「地方戦略」 ――金沢市・富山銀行と提携を発表

インバウンド・地域活性

 楽天は2日、金沢市や富山銀行など北陸方面における連携・協定について相次いで発表した。

 金沢市と締結した「インターネットを活用した連携協力に係る協定」では、「楽天が提供するさまざまなサービスによる連携協力」を通じて「インターネットを活用した金沢市内の事業者の販路拡大や地場産品の販売促進」等、金沢市の企業や事業主の支援、地域経済の活性化を目的としている。

 同社は会見で「金沢かがやきブランド認定商品」等の販売や、金沢市内の宿泊施設や旅行者の動向についてのセミナー開催の検討を発表。今回の協定締結により、現在、金沢市の店舗が約100店が出店している「楽天市場」、約100施設が登録されている「楽天トラベル」の同市でのさらなる拡大が予想される。

 また同日、楽天は富山銀行との「取引先を紹介するビジネスマッチングに関する業務提携契約」を発表。「ネット通販事業を新たに検討する」富山銀行の取引先を対象として、富山銀行と楽天が協力して出店提案することで、地元企業の新しい販売チャネル構築を支援するという。

 今年3月の北陸新幹線開通に合わせ、同月に金沢支社を開設するなど、北陸地域での活動を強化している楽天。同社は「地方自治体との取り組み」について「ECによる事業者の販路拡大」や「EC分野による人材育成」「地域の魅力の発信」等をテーマに設定し、業務連携を行っている地方自治体は今回の金沢市を含め40にも及ぶ。

 全国に600名のECコンサルタントのネットワークを築くほか、47都道府県の名産品を紹介する「まち楽」や各地の県民性や新たな地域の魅力を発信する「ご当地総研」等のウェブコンテンツの運営も行う同社。北陸のみならず、さらなる「地方」での事業拡大を見据えている。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 静岡県・富士駅北口再開発、2月にプラン検討会が始動

  7. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  8. 大阪府吹田市本庁舎建替検討着手、他施設との複合化も検証

  9. 立体交差構築時の大断面工事に対応、コスト減の新型掘削機開発

  10. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

アクセスランキングをもっと見る

page top