2020年までに市内自動車の10%をEVに――横須賀市と日産が連携協定 画像 2020年までに市内自動車の10%をEVに――横須賀市と日産が連携協定

インバウンド・地域活性

日産自動車は6月3日、横須賀市と電気自動車(EV)普及モデルの構築を目指す連携協定「横須賀EV創生プロジェクト」を締結したと発表した。

日産自動車は、横須賀市内の追浜工場で『リーフ』の生産を行っており、同工場をEV生産のマザー工場と位置付けている。同社はこれまで、EVの生産・販売だけでなく、充電インフラの整備やEV普及促進のための包括的な取り組みを行ってきた。

一方、横須賀市は EV生産「日本一」の自治体として、購入補助制度、充電インフラ整備促進をはじめ、リーフを活用したEVタクシー事業の実施等、EVの初期需要創出段階において、先駆的な取り組みを進めてきた。

両者は今回の連携協定合意に基づき、これまでの取り組みをさらに発展。「充電環境の整備」「ベンチマークとなる普及施策の実行」「EVの新たな街づくりへの活用」の3つを軸に先駆的な取り組みを検討・実行し、EV本格普及のムーブメント創出を目指す。

なお、それぞれの取り組みにKPI(重要評価指標)を設定して、PDCAサイクルを回すことで、2020年度に市内の自動車保有台数のうち10%がEVとなることを目指し、連携していく。

日産自動車、横須賀市とEV普及モデルの構築を目指す連携協定を締結

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  2. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

    都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  4. 北陸新幹線小松駅の外観デザイン、3案のうちどれを選ぶ?

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  7. 宮城県名取市、閖上地区2エリアで事業者公募

  8. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  9. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  10. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top