2020年までに市内自動車の10%をEVに――横須賀市と日産が連携協定 画像 2020年までに市内自動車の10%をEVに――横須賀市と日産が連携協定

インバウンド・地域活性

日産自動車は6月3日、横須賀市と電気自動車(EV)普及モデルの構築を目指す連携協定「横須賀EV創生プロジェクト」を締結したと発表した。

日産自動車は、横須賀市内の追浜工場で『リーフ』の生産を行っており、同工場をEV生産のマザー工場と位置付けている。同社はこれまで、EVの生産・販売だけでなく、充電インフラの整備やEV普及促進のための包括的な取り組みを行ってきた。

一方、横須賀市は EV生産「日本一」の自治体として、購入補助制度、充電インフラ整備促進をはじめ、リーフを活用したEVタクシー事業の実施等、EVの初期需要創出段階において、先駆的な取り組みを進めてきた。

両者は今回の連携協定合意に基づき、これまでの取り組みをさらに発展。「充電環境の整備」「ベンチマークとなる普及施策の実行」「EVの新たな街づくりへの活用」の3つを軸に先駆的な取り組みを検討・実行し、EV本格普及のムーブメント創出を目指す。

なお、それぞれの取り組みにKPI(重要評価指標)を設定して、PDCAサイクルを回すことで、2020年度に市内の自動車保有台数のうち10%がEVとなることを目指し、連携していく。

日産自動車、横須賀市とEV普及モデルの構築を目指す連携協定を締結

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  2. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top