2020年までに市内自動車の10%をEVに――横須賀市と日産が連携協定 画像 2020年までに市内自動車の10%をEVに――横須賀市と日産が連携協定

インバウンド・地域活性

日産自動車は6月3日、横須賀市と電気自動車(EV)普及モデルの構築を目指す連携協定「横須賀EV創生プロジェクト」を締結したと発表した。

日産自動車は、横須賀市内の追浜工場で『リーフ』の生産を行っており、同工場をEV生産のマザー工場と位置付けている。同社はこれまで、EVの生産・販売だけでなく、充電インフラの整備やEV普及促進のための包括的な取り組みを行ってきた。

一方、横須賀市は EV生産「日本一」の自治体として、購入補助制度、充電インフラ整備促進をはじめ、リーフを活用したEVタクシー事業の実施等、EVの初期需要創出段階において、先駆的な取り組みを進めてきた。

両者は今回の連携協定合意に基づき、これまでの取り組みをさらに発展。「充電環境の整備」「ベンチマークとなる普及施策の実行」「EVの新たな街づくりへの活用」の3つを軸に先駆的な取り組みを検討・実行し、EV本格普及のムーブメント創出を目指す。

なお、それぞれの取り組みにKPI(重要評価指標)を設定して、PDCAサイクルを回すことで、2020年度に市内の自動車保有台数のうち10%がEVとなることを目指し、連携していく。

日産自動車、横須賀市とEV普及モデルの構築を目指す連携協定を締結

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  4. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  9. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  10. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

アクセスランキングをもっと見る

page top