新卒介護・福祉人材の育成・定着へ研究会発足――面接は1~3社でも就職後は定着せず 画像 新卒介護・福祉人材の育成・定着へ研究会発足――面接は1~3社でも就職後は定着せず

人材

 介護・医療の情報サービスを提供するエス・エム・エスの調査によると、介護・福祉業界志望の新卒学生が就活で面接を受けた法人数は「1社」という回答が半数以上の57%を占めた。「2~3社」も27%にのぼり、わずか1~3社の面接で就職を決めた新卒学生が8割以上であることがわかった。

 確かに、学校での実習で学生自身が介護・福祉事業者と接点をもっていることが、就活に影響を与える点も考えられるが、加えて、介護・医療業界において新卒学生側に有利な売り手市場であることも考えられる。しかし、わずかな面接数ですんなりと就職したにもかかわらず、その後、就職先に定着しているとは決して言えないのは大きな課題だ。

 これは介護・福祉事業者にとっては、新卒学生の採用に苦労し、採用後も職場への定着に苦労するという厳しい状況となる。そこで、エス・エム・エスが運営する介護/福祉系学生向け就職情報サービス「カイゴジョブ学生版」は、埼玉県介護福祉士養成校連絡協議会の松嵜委員長らと共同で2日、「埼玉県 介護人材の育成・定着のための調査研究会」を立ち上げた。

 同研究会では、毎月1回程度の会合を開催し、「介護業界への就職を志す学生の就職活動実態把握のための調査・研究」や「就職活動と入職後の働き方との関連性の調査・研究」を進めていく。この活動は介護・医療業界において、人材の採用・定着に向けて状況が改善されるものとして期待したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  3. ものづくり研修センター、東京木工場内に来春開校!

    ものづくり研修センター、東京木工場内に来春開校!

  4. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  5. 建設コンサルタント、ワークライフバランスへの取り組み加速

  6. 大阪府猟友会が全国初のハンター養成学校、熟練者がノウハウ伝授

  7. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  8. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  9. 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

アクセスランキングをもっと見る

page top