オフロード法2014年適合の大型油圧ショベル――キャタピラー 画像 オフロード法2014年適合の大型油圧ショベル――キャタピラー

IT業務効率

キャタピラージャパンは、砕石、鉱山、大規模造成工事等で高い能力を発揮する大型油圧ショベル「Cat 374FL(バケット容量3立方米、運転質量70.7トン)」および「Cat 390FL(3.9立方米、85.2トン)」を6月1日より発売した。

新機種は、それぞれ「Cat 374DL(3立方米、70.5トン)」および「Cat 390D(3.5立方米、83.3トン)」のモデルチェンジ機。優れた生産性と燃料消費量の低減により、燃料生産性を従来機比で約10~16%向上させた。

また、窒素酸化物(NOx)を低減するシステムとして「NOxリダクションシステム」および尿素SCRシステムを採用。先進の排出ガスクリーン化技術により、オフロード法2014年基準をクリアする環境性能を備えている。

さらに、作業時の視界を広げ、安全性を高めるリアビューカメラを標準装備するなど、安全性やオペレータ環境も向上させた。

価格(販売標準仕様、工場裸渡し、税別)はCat 374FLが7250万4000円、Cat 390FLが8569万2000円。

キャタピラー、大型油圧ショベルをフルモデルチェンジ…オフロード法2014年基準をクリア

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

    「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

  2. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

    農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  3. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

    ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

  4. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  5. 日建連が生産性向上事例集を作成/合理化や省力化などの取り組み紹介

  6. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  7. 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

  8. 教育ICT市場、2020年には2,403億円規模……富士キメラ総研

  9. カートのタブレットで野菜の市況がわかる!/スーパーで新サービス

  10. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top