日本とアフリカ16か国が資源開発の投資環境整備の会合 画像 日本とアフリカ16か国が資源開発の投資環境整備の会合

制度・ビジネスチャンス

日本からアフリカに投資しやすく
30日、日本とアフリカ16カ国で、資源担当相会合が都内で開かれた。会合は2013年以来2回目となり、資源開発の投資拡大に向けて話し合われた。

今回の会合は13年に開いた初会合で日本が表明した日アフリカ資源開発促進イニシアチブの進捗状況を確認し、日本企業の投資環境整備に向けた日本との協力体制を強化することを話し合い、道路や電力、水道などインフラ関係の整備も進める。

宮沢洋一経済産業相は会合冒頭で「日本企業はアフリカのあふれる資源ポテンシャル(潜在力)に強い関心を持っている。さらなる投資を行うべく、投資環境の整備を進めてほしい」(日本経済新聞より引用)とあいさつした。

会合の出席者は宮沢経産相と南アフリカのヌゴアコ・ラマトロディ鉱物資源相が共同議長を務め、マダガスカルやザンビアなどの担当相だ。

人材育成、5年で1000人
日アフリカ資源開発促進イニシアチブは日本企業によるアフリカでの資源開発を支援するため、5年間で総額20億ドルを拠出し、1000人の研究者などの人材を育成する方針を掲げている。豊富な鉱物資源がアフリカにあるので金やマンガンを安定供給につなげる狙いだ。

ただ、アフリカは紛争などによりインフラが未発達な地位域が多く、近年の資源価格の下落もあり、日本企業の投資も思うように進んでいない。

(画像はイメージです)

アフリカの資源開発 日本から投資しやすく

《アフリカビジネスニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

    JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  5. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  6. 富裕層女性の27.5%が「1カ月間に20万円以上」を自由に使っている

  7. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  8. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  9. 中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

  10. 「中小企業の《経営論》」第8回:「理念浸透」のための誰でも知っている一つだけの方法

アクセスランキングをもっと見る

page top