東急電鉄が沿線の生活向上のため設立5年以内のC向けベンチャー企業を支援 画像 東急電鉄が沿線の生活向上のため設立5年以内のC向けベンチャー企業を支援

インバウンド・地域活性

 東急電鉄はIMJインベストメントパートナーズとともに、ベンチャー企業のビジネス展開を支援する「アクセラレートプログラム」を発表。7月1日から応募を受け付ける。ベンチャー企業の支援は鉄道会社として初をうたう。

 同プログラムの対象は、法人設立からおおよそ5年以内のベンチャー企業。「交通」「不動産」「生活サービス」の3つの事業領域を中心に、東急線沿線の生活の利便性を高められるようなBtoCもしくはBtoBtoCのサービス、プロダクトを募集する。渋谷を中心に東急線沿線で、ベンチャー企業の持続的な成長を支えるエコシステムを構築することが狙いだ。

 9月上旬から書類選考やプレゼンテーション等の審査を経て、12月から支援を開始。東急線沿線のグループ媒体や施設、顧客基盤、営業網、株式会社東急総合研究所の各種調査データなどを利用できるほか、場合によっては同社との業務提携なども検討される。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 名古屋市が大規模展示場整備の調査結果を公表

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  8. 【東北の農林水産業】地元の木材にこだわる県森連の復興建築

  9. 九州一丸で輸出 JA宮崎経済連九経連が新会社

  10. 3Dプリントでカスタマイズ!1人乗りEV「TOYOTA i-ROAD」の実用化にカブクが協力

アクセスランキングをもっと見る

page top