うずらゆで玉子やトマトジャム!?地元食材を使った「ふるさと食品コンテスト」出品募集 画像 うずらゆで玉子やトマトジャム!?地元食材を使った「ふるさと食品コンテスト」出品募集

インバウンド・地域活性

 愛知県は2日、県産の農林水産物を主原料とする加工食品を「ふるさと食品」とし、味や包装デザインなどを競う「平成27年度愛知のふるさと食品コンテスト」の開催を発表。「ふるさと食品」の応募受付を開始した。

 「ふるさと食品」の応募条件は、県内で生産された農林水産物を主な原材料とする加工食品で、3年以内に製品化されたものが対象。主食、惣菜、菓子、飲料など、食品の種類は問わない。応募締切は7月24日、コンテスト審査会は8月6日の開催を予定している。

 昨年度、最優秀食品に輝いたのは、野田味噌商店の「うずらたま5くん!! みそ味」。愛知県産うずらゆで玉子を使用し、愛知県産大豆を使用した味噌だれで味付けしたもので、「豆みそ独特の風味がまろやかになり、食べやすい味付けである」「うずらの美味しさが引き出されている」などの評価を得た。

 ほかに遊食ダイニング風雅のトマトジャム「真紅の結晶」や、刈谷市特産の切り干し大根が入ったまちづくりかりやの「最強の食まるカレー」、稲沢市祖父江町産の銀杏を使った内藤醸造の焼酎「銀杏焼酎 藤九郎」などが出品された。

 同コンテストは、県産農林水産物の生産振興や普及促進を目的としたもので、出品された加工食品は、出品者の希望により県のホームページで紹介。最優秀食品は、食品産業センター主催の全国コンテスト「優良ふるさと食品中央コンクール」に、愛知県代表として推薦される。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  4. 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  6. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  7. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  8. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

アクセスランキングをもっと見る

page top