CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会 画像 CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会

マネジメント

日本自動車販売協会連合会が発表した5月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、首位トヨタは同1.1%減の9万3438台、ホンダが2万6623台(前年同月比11.5%減)で2か月連続で2位となった。

3位日産は同3.8%減の2万5524台。4位マツダは『CX-3』の好調な販売もあり、同60.3%増の1万6872台と大きく数字を伸ばした。

1位:トヨタ 9万3438台(1.1%減)
2位:ホンダ 2万6623台(11.5%減)
3位:日産  2万5524台(3.8%減)
4位:マツダ 1万6872台(60.3%増)
5位:スバル 6635台(3.5%増)
6位:スズキ 4475台(22.9%減)
7位:いすゞ 4164台(2.6%減)
8位:日野  3453台(27.8%増)
9位:レクサス 3036台(23.9%増)
10位:三菱ふそう 2607台(4.1%増)
11位:三菱自動車 2041台(13.1%減)
12位:UDトラックス 808台(12.1%増)
13位:ダイハツ 109台(28.8%減)

新車登録台数、4位マツダが60%増と躍進…5月ブランド別

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  2. 本日の新聞から:「MRJ」4回目の納入延期

    本日の新聞から:「MRJ」4回目の納入延期

  3. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

    リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  4. 軽自動車販売7か月連続2ケタマイナス……7月速報値18.1%減の14万2854台

  5. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  6. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  7. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  8. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  9. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  10. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

アクセスランキングをもっと見る

page top