CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会 画像 CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会

マネジメント

日本自動車販売協会連合会が発表した5月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、首位トヨタは同1.1%減の9万3438台、ホンダが2万6623台(前年同月比11.5%減)で2か月連続で2位となった。

3位日産は同3.8%減の2万5524台。4位マツダは『CX-3』の好調な販売もあり、同60.3%増の1万6872台と大きく数字を伸ばした。

1位:トヨタ 9万3438台(1.1%減)
2位:ホンダ 2万6623台(11.5%減)
3位:日産  2万5524台(3.8%減)
4位:マツダ 1万6872台(60.3%増)
5位:スバル 6635台(3.5%増)
6位:スズキ 4475台(22.9%減)
7位:いすゞ 4164台(2.6%減)
8位:日野  3453台(27.8%増)
9位:レクサス 3036台(23.9%増)
10位:三菱ふそう 2607台(4.1%増)
11位:三菱自動車 2041台(13.1%減)
12位:UDトラックス 808台(12.1%増)
13位:ダイハツ 109台(28.8%減)

新車登録台数、4位マツダが60%増と躍進…5月ブランド別

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 「中小企業の《経営論》」第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

    「中小企業の《経営論》」第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

  3. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

    八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  4. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  6. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  7. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

  8. 本日の新聞から:新日鉄住金が日新製鋼を完全子会社化へ

  9. 独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

  10. セメント大手4社の2015年4-9月期決算、3社が営業増益

アクセスランキングをもっと見る

page top