CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会 画像 CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会

マネジメント

日本自動車販売協会連合会が発表した5月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、首位トヨタは同1.1%減の9万3438台、ホンダが2万6623台(前年同月比11.5%減)で2か月連続で2位となった。

3位日産は同3.8%減の2万5524台。4位マツダは『CX-3』の好調な販売もあり、同60.3%増の1万6872台と大きく数字を伸ばした。

1位:トヨタ 9万3438台(1.1%減)
2位:ホンダ 2万6623台(11.5%減)
3位:日産  2万5524台(3.8%減)
4位:マツダ 1万6872台(60.3%増)
5位:スバル 6635台(3.5%増)
6位:スズキ 4475台(22.9%減)
7位:いすゞ 4164台(2.6%減)
8位:日野  3453台(27.8%増)
9位:レクサス 3036台(23.9%増)
10位:三菱ふそう 2607台(4.1%増)
11位:三菱自動車 2041台(13.1%減)
12位:UDトラックス 808台(12.1%増)
13位:ダイハツ 109台(28.8%減)

新車登録台数、4位マツダが60%増と躍進…5月ブランド別

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交相が年頭抱負、復興は新ステージ、ストック効果へ重点投資

    国交相が年頭抱負、復興は新ステージ、ストック効果へ重点投資

  2. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

    超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  3. 「障がい者視点を生かしたマーケティング・リサーチ」に新展開

    「障がい者視点を生かしたマーケティング・リサーチ」に新展開

  4. 顧客視点から経営革新を推進、日本経営品質賞にスーパーホテル

  5. 西松屋チェーンに買いたたき違反、中企庁が公取委へ措置請求

  6. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  7. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  8. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  9. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  10. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

アクセスランキングをもっと見る

page top