CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会 画像 CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会

マネジメント

日本自動車販売協会連合会が発表した5月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、首位トヨタは同1.1%減の9万3438台、ホンダが2万6623台(前年同月比11.5%減)で2か月連続で2位となった。

3位日産は同3.8%減の2万5524台。4位マツダは『CX-3』の好調な販売もあり、同60.3%増の1万6872台と大きく数字を伸ばした。

1位:トヨタ 9万3438台(1.1%減)
2位:ホンダ 2万6623台(11.5%減)
3位:日産  2万5524台(3.8%減)
4位:マツダ 1万6872台(60.3%増)
5位:スバル 6635台(3.5%増)
6位:スズキ 4475台(22.9%減)
7位:いすゞ 4164台(2.6%減)
8位:日野  3453台(27.8%増)
9位:レクサス 3036台(23.9%増)
10位:三菱ふそう 2607台(4.1%増)
11位:三菱自動車 2041台(13.1%減)
12位:UDトラックス 808台(12.1%増)
13位:ダイハツ 109台(28.8%減)

新車登録台数、4位マツダが60%増と躍進…5月ブランド別

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 企業からメディアへのコンタクト、95%の記者が「メール」を希望

    企業からメディアへのコンタクト、95%の記者が「メール」を希望

  2. 日本コムシスがBEMS事業に参入

    日本コムシスがBEMS事業に参入

  3. 未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」

    未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」

  4. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

  5. アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

  6. 空きスペースを収益化!「駐車場シェアサービス」が2月にスタート

  7. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  8. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  9. 自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年

  10. 福山コンサル、M&A加速で売上高100億円を目標に

アクセスランキングをもっと見る

page top