CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会 画像 CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会

マネジメント

日本自動車販売協会連合会が発表した5月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、首位トヨタは同1.1%減の9万3438台、ホンダが2万6623台(前年同月比11.5%減)で2か月連続で2位となった。

3位日産は同3.8%減の2万5524台。4位マツダは『CX-3』の好調な販売もあり、同60.3%増の1万6872台と大きく数字を伸ばした。

1位:トヨタ 9万3438台(1.1%減)
2位:ホンダ 2万6623台(11.5%減)
3位:日産  2万5524台(3.8%減)
4位:マツダ 1万6872台(60.3%増)
5位:スバル 6635台(3.5%増)
6位:スズキ 4475台(22.9%減)
7位:いすゞ 4164台(2.6%減)
8位:日野  3453台(27.8%増)
9位:レクサス 3036台(23.9%増)
10位:三菱ふそう 2607台(4.1%増)
11位:三菱自動車 2041台(13.1%減)
12位:UDトラックス 808台(12.1%増)
13位:ダイハツ 109台(28.8%減)

新車登録台数、4位マツダが60%増と躍進…5月ブランド別

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始

    最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始

  2. ブレンド米で勝負! すし、丼……用途限定 業務向け単価高く

    ブレンド米で勝負! すし、丼……用途限定 業務向け単価高く

  3. 建設女子応援、国交省が活躍23事例をHPで紹介

    建設女子応援、国交省が活躍23事例をHPで紹介

  4. 食品宅配、お試しセット注文増…「失敗イヤ」の消費者意識影響

  5. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

  6. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  7. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  8. 東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資

  9. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  10. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

アクセスランキングをもっと見る

page top