次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設 画像 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

マネジメント

 栃木県事業引継ぎ支援センターは1日、後継者を探す経営者と後継者候補をマッチングさせる「栃木県後継者バンク」を創設した。

 同バンクでは、事業を引き継ぐ意欲のある起業家や独立開業希望者、県内へのUターン・Iターン希望者を登録。後継者の不在に悩む経営者を紹介する。経営者にとっては事業を存続できるメリットがあるが、さらに派生し、事業の存続を望む従業員や取引先、地域の期待に応える効果にも広がる。一方の起業家側は、既存の経営資源を引き継ぐことでゼロから起業するリスクを抑えられるほか、事業を進めていくうえで経営者からアドバイスを受けられるメリットがある。

 中小企業庁は「産業競争力強化法」に基づき、「事業引継ぎ相談窓口」を全国47都道府県の認定支援機関に設置。後継者不在などの理由から事業の継続に悩む中小企業経営者の相談に応じている。特に相談が多く、支援体制を整えられる自治体にはさらに本格的な支援を行う「事業引継ぎ支援センター」を開設しているが、栃木県の事業引継ぎ支援センターでは2014年11月1日の開設から5月までに相談を受けた82件のうち、25件は、親族や従業員以外の第三者に事業を引き継ぎたいとの相談であったという。

 同日付で栃木県事業引継ぎ支援センターが発表した「事業承継に関するアンケート調査」の結果によると、県内で事業継承を希望する企業のうち、後継者が決まっていないという回答はが24.9%にのぼっている。同バンクの開設は、後継者不足の悩みを解決したいというニーズにこたえたもので、同様の取り組みは全国で6番目。年間20件の登録を目指す。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  2. 暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

    暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

  3. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

    週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  4. 石井国交相、工事にICT(情報通信技術)を全面活用

  5. クリーニング屋の優れた技術をウェブCMに! 業界紙コラボのIT販促代行

  6. 2014年度教育産業市場、eラーニングなど6分野が拡大

  7. 日本人ICCTメンバーに聞く「VW不正のメカニズムと規制の行方」

  8. 中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

アクセスランキングをもっと見る

page top