次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設 画像 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

マネジメント

 栃木県事業引継ぎ支援センターは1日、後継者を探す経営者と後継者候補をマッチングさせる「栃木県後継者バンク」を創設した。

 同バンクでは、事業を引き継ぐ意欲のある起業家や独立開業希望者、県内へのUターン・Iターン希望者を登録。後継者の不在に悩む経営者を紹介する。経営者にとっては事業を存続できるメリットがあるが、さらに派生し、事業の存続を望む従業員や取引先、地域の期待に応える効果にも広がる。一方の起業家側は、既存の経営資源を引き継ぐことでゼロから起業するリスクを抑えられるほか、事業を進めていくうえで経営者からアドバイスを受けられるメリットがある。

 中小企業庁は「産業競争力強化法」に基づき、「事業引継ぎ相談窓口」を全国47都道府県の認定支援機関に設置。後継者不在などの理由から事業の継続に悩む中小企業経営者の相談に応じている。特に相談が多く、支援体制を整えられる自治体にはさらに本格的な支援を行う「事業引継ぎ支援センター」を開設しているが、栃木県の事業引継ぎ支援センターでは2014年11月1日の開設から5月までに相談を受けた82件のうち、25件は、親族や従業員以外の第三者に事業を引き継ぎたいとの相談であったという。

 同日付で栃木県事業引継ぎ支援センターが発表した「事業承継に関するアンケート調査」の結果によると、県内で事業継承を希望する企業のうち、後継者が決まっていないという回答はが24.9%にのぼっている。同バンクの開設は、後継者不足の悩みを解決したいというニーズにこたえたもので、同様の取り組みは全国で6番目。年間20件の登録を目指す。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

    設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

  2. 日本造園企業年金基金、加入対象業種を大幅拡大

    日本造園企業年金基金、加入対象業種を大幅拡大

  3. 国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

    国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

  4. 再生エネルギー「固定価格買取制度」改善…経産省有識者会議が報告書案

  5. 日本は金メダル5個――「技能世界一を競うオリンピック」が閉幕

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  7. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

  8. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  9. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  10. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(5)】マイナンバーは目に見えない新しい社会インフラ

アクセスランキングをもっと見る

page top