全国各地の隠れた逸品で地方創生! 「ふるさと名物商品」応援サイト開設 画像 全国各地の隠れた逸品で地方創生! 「ふるさと名物商品」応援サイト開設

インバウンド・地域活性

 全国商工会連合会は1日、同会の公式サイト「ニッポンセレクト.com」内に、全国各地の自治体が指定する「ふるさと名物商品」を3割引きで販売するスペシャルサイトを開設した。

 「ニッポンセレクト.com」は、中小企業・小規模事業者等が開発・販売する地域産品等を紹介する全国商工会連合会の公式サイト。農商工連携や地域資源を活用した商品や、魅力ある隠れた地域産品等の普及を後押しする地方創生事業の一環となる。

 「ふるさと名物商品」スペシャルサイトは、3割引きで販売することで都道府県が指定する「ふるさと名物商品」の普及拡大を推進。当初は秋田県、大分県、鹿児島県の3県からスタートするが、以降、北海道、青森県、岩手県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、高知県、熊本県などの都道府県も商品展開を予定している。

 1自治体につき50商品以上程度をラインアップする予定で、例えば秋田県は、ババ(おばあさん)がヘラでコーンに盛りつけることからネーミングされたアイス「ババヘラ・アイスセット」(3,380円)や、秋田こまち米を原料として全国酒類コンクールで受賞した発泡酒「横手大沢葡萄ラガー」(4017円)などを紹介している。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  6. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

アクセスランキングをもっと見る

page top