【中小企業の『経営論』】第4回:「人材は採れなくて当たり前」という話を聞いて思うこと 画像 【中小企業の『経営論』】第4回:「人材は採れなくて当たり前」という話を聞いて思うこと

人材

 このところ、景気の回復基調がところどころで見え始めたこともあり、中小企業でも人材採用に積極的に取り組むところが増えてきました。

 中小企業の採用活動で、経営者や採用担当者の方々から常々聞くのは、「いい人がなかなか採れない」という話です。それなりの投資や活動上の工夫をしていても、満足がいく結果になっている会社は、ごく一部だけではないでしょうか。

 ライブドア元代表のホリエモンこと堀江貴文氏は、自身のメルマガ読者の経営者から届いた「自社に合った良い人材を採用するコツは?」という相談に対して、「零細企業では『自社に合った良い人材なんか採用できるわけがない』と割り切ること」「会社に魅力的な何かがあっても、会社の存在すら知られないから人はこない!」とハッキリ言い切っていたという記事がありました。

 中小企業の採用現場で私が感じることとしても、ある意味においてこれは真実だと思います。

 私は様々な立場で企業の採用活動をお手伝いしますが、中小企業の経営者や役員、採用担当者の実に多くの人たちが、「どうせ大きな会社を選ぶに決まっている」「しょせん大企業には勝てない」「うちみたいな会社に良い人が来るわけがない」など、自虐的と言われても仕方が無いことを言います。

 優秀な人からの応募があっても「どうせうちには来ないだろう」、他社と競合すれば、「大きい会社、安定した会社に行くに決まっている」などと言い、それがついつい態度や言動に出てしまったり、中には応募者に対して、そんなことをはっきり言ってしまうような人もいます。

 「卑屈になるな」「前向きに考えろ」などと言いたくもなりますが、ただ気合いや心掛けだけでどうにかなるほど甘くないということも事実です。

 ただ堀江氏は、話の続きでこんなことも言っています。

《小笠原隆夫/ユニティ・サポート》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 就活が進むにつれて就活学生の目が中小企業にも向けられる!?

    就活が進むにつれて就活学生の目が中小企業にも向けられる!?

  2. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  3. 建設労働者向けの無料の職業訓練、目標人数を達成

    建設労働者向けの無料の職業訓練、目標人数を達成

  4. 中部整備局、三重県でICT講座開く/高校生が最新測量技術学ぶ

  5. 建設各社で入社式~活況の中、新入社員に期待

  6. 1級施工管理技術検定、学科試験合格者の女性比率が上昇

  7. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  8. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  9. 事業承継と親族後継者の「学び」

  10. 北陸整備局が設計品質確保へ冊子作成。対策のポイント解説

アクセスランキングをもっと見る

page top