KDDI ミャンマーでもパケット定額サービス提供開始 画像 KDDI ミャンマーでもパケット定額サービス提供開始

海外進出

ミャンマーの邦人渡航者の要望に対応
KDDIと沖縄セルラーは28日、海外でパケット通信を利用できる海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」を、ミャンマーにおいて6月1日より提供開始すると発表した。

ミャンマーでは民政移管以降、著しい経済成長が続いている。そのため、同国に進出する日本企業は増加傾向にあり、2010年の時点では52社であったが、2014年には280社へと急増、民主化後の約4年間で5.4倍となった。

そのような背景から、ビジネスや観光で同国を訪れる日本人が増加しており、邦人渡航者の要望に対応する形で「海外ダブル定額」の提供を開始した。

1日あたり1980円と2980円の2種類のプラン
料金は、約24.4MBまでは1日あたり最大1980円(免税)、約24.4MB以降は1日あたり最大2980円(免税)。インターネット接続サービス「LTE NET」または「LTE NET for DATA」の契約が必要で、auスマートフォン、タブレット、ケータイからのメール、ブラウザ等の利用とPC等との接続による利用が対象となる。

なお、4G LTE向けのインターネット接続サービスとなっており、3Gケータイと3Gスマートフォンは利用対象外となる。

また、KDDIは住友商事とミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)と共同で通信事業を行っており、通話品質改善とエリア拡大に取り組み、増え続ける携帯電話需要に対応している。

KDDIと沖縄セルラーは、多くの顧客に「海外ダブル通信」を利用できるように対象となる国や地域の拡大に取り組む方針だ。

KDDI ミャンマーで海外パケット定額サービス提供へ

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

    三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  2. 五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

    五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

  3. ~Sakeの海外戦略:7~ワインのインフラを通じて世界へ

    ~Sakeの海外戦略:7~ワインのインフラを通じて世界へ

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. 国交省、建設・不動産業のTPP対応、3カ国の政府調達段階拡大

  6. 三井石油開発、ミャンマーで陸上鉱区の権益を取得

  7. 国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化

  8. ドイツ、モノづくり文化の危機…VWショックでギリシャ問題再燃も

  9. 幸せの国・ブータンの経産相、電気自動車の普及へ前向き

  10. 飲食店の訪日外国人受け入れ対策の実態とは

アクセスランキングをもっと見る

page top