KDDI ミャンマーでもパケット定額サービス提供開始 画像 KDDI ミャンマーでもパケット定額サービス提供開始

海外進出

ミャンマーの邦人渡航者の要望に対応
KDDIと沖縄セルラーは28日、海外でパケット通信を利用できる海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」を、ミャンマーにおいて6月1日より提供開始すると発表した。

ミャンマーでは民政移管以降、著しい経済成長が続いている。そのため、同国に進出する日本企業は増加傾向にあり、2010年の時点では52社であったが、2014年には280社へと急増、民主化後の約4年間で5.4倍となった。

そのような背景から、ビジネスや観光で同国を訪れる日本人が増加しており、邦人渡航者の要望に対応する形で「海外ダブル定額」の提供を開始した。

1日あたり1980円と2980円の2種類のプラン
料金は、約24.4MBまでは1日あたり最大1980円(免税)、約24.4MB以降は1日あたり最大2980円(免税)。インターネット接続サービス「LTE NET」または「LTE NET for DATA」の契約が必要で、auスマートフォン、タブレット、ケータイからのメール、ブラウザ等の利用とPC等との接続による利用が対象となる。

なお、4G LTE向けのインターネット接続サービスとなっており、3Gケータイと3Gスマートフォンは利用対象外となる。

また、KDDIは住友商事とミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)と共同で通信事業を行っており、通話品質改善とエリア拡大に取り組み、増え続ける携帯電話需要に対応している。

KDDIと沖縄セルラーは、多くの顧客に「海外ダブル通信」を利用できるように対象となる国や地域の拡大に取り組む方針だ。

KDDI ミャンマーで海外パケット定額サービス提供へ

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  6. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  7. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

  8. ~国産家具を世界へ!:2~インバウンドを世界市場につなげる

  9. 三菱マテリアル、インドネシアの製造体制を拡充…超硬ソリッド工具

  10. ネットショップの東南アジアへの販路拡大を支援、物流から多言語翻訳による販売支援までをワンストップ

アクセスランキングをもっと見る

page top