蔵王温泉のホテル経営会社、また破産……震災、火山活動が観光地に影 画像 蔵王温泉のホテル経営会社、また破産……震災、火山活動が観光地に影

インバウンド・地域活性

 ホテル蔵王を運営していたセントラルプロパティマネジメントが28日自己破産を申請し、破産手続開始の決定が下された。負債額は1億2800万円。

 同社は1979年に設立。91年に紀州鉄道の子会社・紀州鉄道ホテル蔵王となり、山形市蔵王温泉のホテル蔵王を運営していた。個人客のほか、学生や企業などの団体客を取り込み、2010年には大河ドラマ「天地人」の影響もあり、年収入高3億6600万円に達した。しかし、その後東日本大震災の発生を受け、急激に業績が悪化。2014年10月の蔵王山の火山活動活発化も追い打ちをかけ、2015年3月にはホテル蔵王の不動産を第三者に売却していた。

 蔵王温泉では今年4月にもペンション・オーベルジュZを経営していた企業が破産。東日本大震災や火山活動が観光地に影を落としている。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  2. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  7. 長崎県、移住検討者にキャンピングカーレンタル……好きな場所で「お試し暮らし」可能に

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  10. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

アクセスランキングをもっと見る

page top