【地方発ヒット商品の裏側】「電動伸縮杖」を生んだ「精密部品」技術――岐阜・岩田鉄工所 画像 【地方発ヒット商品の裏側】「電動伸縮杖」を生んだ「精密部品」技術――岐阜・岩田鉄工所

インバウンド・地域活性

■電動伸縮杖「伸助さん(しんすけさん)」
 ワンタッチで伸縮する電動伸縮杖の「伸助さん(しんすけさん)」。日刊工業新聞社が主催する「読者が選ぶネーミング大賞」にも入選したユニークな名前の、ユニークなアイデア商品は「精密部品」を製造する会社から生まれた。

 電動伸縮杖「伸助さん」を開発したのは、岐阜県羽島市の株式会社岩田鉄工所(販売は同社子会社の株式会社アイ・ティー・ケー)。同社は航空機や人工衛星の複雑形状部品や「電子部品表面実装機」を構成する精密部品を製造する会社だが、その高い“ものづくり力”により「伸助さん」ほかユニークなアイデアの商品を多数打ち出している。

 1954年の創業後、町工場として地元の羽島市で親しまれている岩田鉄工所。60年以上の歴史を持ち、1996年に現在の代表取締役社長である岩田勝美氏が社長に就任した同社だが、本業と異なる分野で自社製品の開発を行うに至った転機は「世界的不況」にあった。2008年9月、リーマン・ショックにより岩田鉄工所の境遇が一変する。

 「それまでは、下請けで東京スカイツリーの制振装置に用いる精密部品などを加工していたのですが、リーマン・ショックで売上が25%まで落ちました。このままでは社員を食わせていくことが出来ない。一体どうすればいいか、夜も眠れず、毎日必死に考えていました」と岩田社長は述懐する。

■リーマン・ショックから「自社製品」の道に 
 リーマン・ショック以降、自社製品の開発に取り掛かった同社。「ちょうどその頃、東京大学の准教授から『電動伸縮立ち上がり補助器』について相談がありました。結局『立ち上がり補助器』は実現しなかったのですが、同じメカニズムで何か新製品を作れないか考えました。そこで階段の昇り降りで困っているお年寄りが利用できる『電動伸縮杖』のアイデアが思いついたのです。」

 2009年、電動伸縮杖の開発に取り掛かった同社。岩田社長は「あの頃、仕事が無くてヒマだったから一日で図面が出来上がったよ」と当時を語る。そして2010年に発売した「伸助さん」は、しばらくして一躍ヒット商品となった。「売れ出してからの半年間は受注をストップするぐらいよく売れた」という。主な購買層は、お年寄り自身よりも、お年寄りに杖をプレゼントする家族だという。

《オフィス本折/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. イノシシ侵入防止!ネット×電気柵の新作

    イノシシ侵入防止!ネット×電気柵の新作

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

    自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  4. 日本橋、世界に通じる“ディープ問屋街”を目指す!

  5. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

  6. サミットから始まる人の縁、三重で進む移住プロジェクト

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. 【インバウンド向けホステル浸透中!:3】開業リフォームに使える補助制度

  9. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  10. 橋本店が1.5万本の桜を植樹、2年後の140周年見据えて記念プロジェクト着手

アクセスランキングをもっと見る

page top