【地方発ヒット商品の裏側】「電動伸縮杖」を生んだ「精密部品」技術――岐阜・岩田鉄工所 画像 【地方発ヒット商品の裏側】「電動伸縮杖」を生んだ「精密部品」技術――岐阜・岩田鉄工所

インバウンド・地域活性

■電動伸縮杖「伸助さん(しんすけさん)」
 ワンタッチで伸縮する電動伸縮杖の「伸助さん(しんすけさん)」。日刊工業新聞社が主催する「読者が選ぶネーミング大賞」にも入選したユニークな名前の、ユニークなアイデア商品は「精密部品」を製造する会社から生まれた。

 電動伸縮杖「伸助さん」を開発したのは、岐阜県羽島市の株式会社岩田鉄工所(販売は同社子会社の株式会社アイ・ティー・ケー)。同社は航空機や人工衛星の複雑形状部品や「電子部品表面実装機」を構成する精密部品を製造する会社だが、その高い“ものづくり力”により「伸助さん」ほかユニークなアイデアの商品を多数打ち出している。

 1954年の創業後、町工場として地元の羽島市で親しまれている岩田鉄工所。60年以上の歴史を持ち、1996年に現在の代表取締役社長である岩田勝美氏が社長に就任した同社だが、本業と異なる分野で自社製品の開発を行うに至った転機は「世界的不況」にあった。2008年9月、リーマン・ショックにより岩田鉄工所の境遇が一変する。

 「それまでは、下請けで東京スカイツリーの制振装置に用いる精密部品などを加工していたのですが、リーマン・ショックで売上が25%まで落ちました。このままでは社員を食わせていくことが出来ない。一体どうすればいいか、夜も眠れず、毎日必死に考えていました」と岩田社長は述懐する。

■リーマン・ショックから「自社製品」の道に 
 リーマン・ショック以降、自社製品の開発に取り掛かった同社。「ちょうどその頃、東京大学の准教授から『電動伸縮立ち上がり補助器』について相談がありました。結局『立ち上がり補助器』は実現しなかったのですが、同じメカニズムで何か新製品を作れないか考えました。そこで階段の昇り降りで困っているお年寄りが利用できる『電動伸縮杖』のアイデアが思いついたのです。」

 2009年、電動伸縮杖の開発に取り掛かった同社。岩田社長は「あの頃、仕事が無くてヒマだったから一日で図面が出来上がったよ」と当時を語る。そして2010年に発売した「伸助さん」は、しばらくして一躍ヒット商品となった。「売れ出してからの半年間は受注をストップするぐらいよく売れた」という。主な購買層は、お年寄り自身よりも、お年寄りに杖をプレゼントする家族だという。

《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  4. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top