1時間で定員いっぱいに……新たな観光資源掘り起こす新潟市東区の工場夜景バスツアーが人気 画像 1時間で定員いっぱいに……新たな観光資源掘り起こす新潟市東区の工場夜景バスツアーが人気

インバウンド・地域活性

 新潟県新潟市東区の工業地帯が観光資源として人気を集めている。今年で3年目の実施となる東区工場夜景バスツアーの第1回が5月24日に行われ、80名が参加した。

 新潟市東区は旭カーボンをはじめ、製造業などの工場が複数存在する地域。ツアーでは、24時間稼働で特に夜景が美しい旭カーボンの工場や、夕暮れ時が見頃という北越紀州製紙の工場、火力発電所などを巡っている。

 2年前に木戸地域コミュニティ協議会が開始したこの企画は、地元を中心に年々認知と人気を高め、今年からは新潟市も主催に加わり、実施回数も3回に増やした。初回は受け付け開始から1時間ほどで定員の80名に達したという。

 工場の夜景は近年観光資源として注目を集め始めたスポット。2008年に神奈川県川崎市で行われた工場夜景ツアーが先駆けとなって人気が集まりはじめ、川崎市や北海道室蘭市、三重県四日市市らが合同で「全国工場夜景サミット」といった取り組みも行っている。

 新潟市東区のツアーは、6月28日(16時40分~21時30分予定)、9月27日(16時45分~21時予定)にも開催。受け付け開始はそれぞれ6月3日、9月9日からで、ともに8時から電話受け付けを行う。申し込みは新潟市役所コールセンター(025-243-4894)まで。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top