岩手産米使用のエタノールから虫除けスプレー開発、商品化に向けクラウドファンディング募集開始 画像 岩手産米使用のエタノールから虫除けスプレー開発、商品化に向けクラウドファンディング募集開始

インバウンド・地域活性

 岩手県奥州市に拠点を持つファーメンステーションが、岩手産の米からつくった虫除けスプレーの商品化に向け、クラウドファンディングで支援募集を開始した。目標金額は20万円。

 ファーメンステーションは、岩手県内の休耕田で栽培した米を材料にしたエタノールを中心に、発酵技術を活用した循環型ビジネスを展開する企業。商品化に向けて取り組む虫除けスプレーは、米から作ったエタノールに虫除け効果のある精油を混ぜてつくったものだ。昨年夏に代々木体育館でイベントを行った際に、デング熱予防のためにサンプルでつくったものが来場者に好評だったことから、商品化に向けて動き出した。

 精油を溶かすエタノールは、「ゆきこまち」を発酵させてつくったもの。シトロネラなど4種類の香り成分をブレンドし、2種の虫除けスプレーを開発した。原料はすべて天然由来のものを使用し、「赤ちゃんでも使える」とうたっている。

 支援募集期間は6月14日までで、支援額に応じて80mlのスプレー1本から複数本などが特典として送られる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 西鉄バス、福岡空港国際線ターミナル~大橋駅線を新設

  7. 日本中小企業学会大会と、「地方創生」の課題

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

アクセスランキングをもっと見る

page top