地ビール元祖のサンクトガーレン発のヒット商品「一升瓶ビール」に数量限定の父の日バージョン 画像 地ビール元祖のサンクトガーレン発のヒット商品「一升瓶ビール」に数量限定の父の日バージョン

インバウンド・地域活性

 国内地ビールの先駆け企業として知られるサンクトガーレンが、父の日の贈答向け商品としてオリジナルの水引ネクタイが付いた一升瓶ビールをリリースした。6月1日より限定2000本で販売する。

 一升瓶ビールは、その名のとおり1800mlの一升瓶に入った瓶ビール。地ビールは330mlほどの小瓶タイプが主流だが、「冠婚葬祭などでお酌できるサイズを」という要望に応える形で2010年にこのサイズの商品を発売し、2014年末までに5万本を販売するヒット商品になった。

 今回の父の日限定バージョンは、明治元年創業の水引屋の職人手作りによるネクタイ結びの水引を一升瓶にかけた商品で、通常の一升瓶ビールと同価格で提供する。

 価格は「 一升瓶ビール<金>」と「 一升瓶ビール<黒>」がそれぞれ3000円。2つをセットにした「一升瓶ビール2本セット」が4760円。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  4. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  5. 大手が参入できない強みを生かした下諏訪の「温泉ストーブ」

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

アクセスランキングをもっと見る

page top