地ビール元祖のサンクトガーレン発のヒット商品「一升瓶ビール」に数量限定の父の日バージョン 画像 地ビール元祖のサンクトガーレン発のヒット商品「一升瓶ビール」に数量限定の父の日バージョン

インバウンド・地域活性

 国内地ビールの先駆け企業として知られるサンクトガーレンが、父の日の贈答向け商品としてオリジナルの水引ネクタイが付いた一升瓶ビールをリリースした。6月1日より限定2000本で販売する。

 一升瓶ビールは、その名のとおり1800mlの一升瓶に入った瓶ビール。地ビールは330mlほどの小瓶タイプが主流だが、「冠婚葬祭などでお酌できるサイズを」という要望に応える形で2010年にこのサイズの商品を発売し、2014年末までに5万本を販売するヒット商品になった。

 今回の父の日限定バージョンは、明治元年創業の水引屋の職人手作りによるネクタイ結びの水引を一升瓶にかけた商品で、通常の一升瓶ビールと同価格で提供する。

 価格は「 一升瓶ビール<金>」と「 一升瓶ビール<黒>」がそれぞれ3000円。2つをセットにした「一升瓶ビール2本セット」が4760円。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

    インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  3. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

    訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  5. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  6. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 宮城県/女川町出島と本土を結ぶ「出島架橋」工事着手へ

  10. 東京・杉並区高円寺地域小・中一貫校整備、延べ1.8万平米、17年2月着工

アクセスランキングをもっと見る

page top