タクシー営業台数規制…仙台市・秋田交通圏・熊本交通圏で実施、新潟は継続審議 画像 タクシー営業台数規制…仙台市・秋田交通圏・熊本交通圏で実施、新潟は継続審議

インバウンド・地域活性

国土交通省は、運輸審議会の答申を受けて6月1日から「仙台市」、「秋田交通圏」、「熊本交通圏」でタクシーの営業台数を規制する特定地域に指定すると発表した。

運輸審議会は、仙台市、秋田交通圏、熊本交通圏を特定地域に指定することが適当と国土交通大臣に答申したことから、国交省が新たに指定した。

特定地域は、タクシーの供給過剰で事業者の採算が悪化している地域を対象にしており、指定されるとタクシー事業への新規参入や増車が認められず、既存のタクシー事業者も営業台数の減車などを強制される。

期間は2015年6月1日から2018年5月31日まで。

同じく運輸審議会に諮問されていた「新潟交通圏」は審議を継続する。

仙台市・秋田交通圏・熊本交通圏でタクシー営業台数を規制…新潟交通圏は継続審議

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  7. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

  8. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

アクセスランキングをもっと見る

page top