新鮮な魚介類がいつどのお店に届くかわかる! 産直特化の飲食店サイト「漁師さん直送グルメ」オープン 画像 新鮮な魚介類がいつどのお店に届くかわかる! 産直特化の飲食店サイト「漁師さん直送グルメ」オープン

インバウンド・地域活性

 水産物の産地直送サイト「漁師さん直送市場」を運営するバリューデータが、新たに産直魚介類を提供する飲食店を検索できるサイト「漁師さん直送グルメ」をオープンした。

 漁師さん直送グルメは、漁師さん直送市場を利用して食材を入荷した飲食店の情報を掲載するサイト。流通の情報を持つバリューデータが運営するため、飲食店自身の情報発信に頼らず、どんな産直素材がいつどこに入荷するかを発信することができるのが特徴だ。出荷する漁師の情報なども併せて掲載し、より素材にフォーカスした情報を提供していく。

 同サービスでは静岡県熱海市の網代漁業株式会社や石川県七尾市の株式会社鹿渡島定置など全国10都道府県の漁業事業者と提携。情報掲載したい飲食店は、無料の会員登録を行い、漁師さん直送市場を使って新鮮な食材を注文する。入荷する食材の情報はサイトに掲載されるので、自店の新鮮食材情報が広く閲覧者の目に留まるしくみだ。サイト掲載は入荷予定日順で掲載されるため、上位掲載のための有料プランなどは用意していない。

 従来の飲食店情報サイトは口コミ、クーポンなどが中心で、リアルタイムで入荷食材を一括検索することは難しい状況にある。流通データの活用によるリアルタイム性の高さを強みに、漁業事業者、飲食店双方を支援していく狙いだ。
《こばやしあきら/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  2. 【インバウンド向けホステル浸透中!:2】今日からできる口コミ戦略!

    【インバウンド向けホステル浸透中!:2】今日からできる口コミ戦略!

  3. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. 農地転用許可の権限などを地方自治体へ移譲……より実情に合った転用目指す

  9. 24時間無料で対応…東京都が宿泊施設向けに通訳コールセンター

  10. 箕面市でIoT利用の見守りシステム実証実験、小中学生に端末配布

アクセスランキングをもっと見る

page top