エネルギーシステム、次世代インフラ、健康、環境技術…「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」の研究開発テーマを公募 画像 エネルギーシステム、次世代インフラ、健康、環境技術…「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」の研究開発テーマを公募

マネジメント

 26日、政策実施機関である国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」に関する研究開発テーマを広く公募すると発表した。

 「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」とは中小企業庁が製造業に対して実施している「ものづくり連携支援」。補助金が支援され、産学官の連携を通じて行う「ものづくり技術を活用した研究・開発」や製品の販路開拓を後押しする。

 今回、同開発機構が公募するのは「クリーンで経済的なエネルギーシステムに資する技術」「国際社会の先駆けとなる健康長寿社会の実現に資する技術」「世界に先駆けた次世代インフラの構築の実現に資する技術」「産業競争力の源泉としてのICT、環境技術に関する技術」の4つのいずれかに沿った研究開発テーマ。中小企業等が大学や公的研究機関を活用して行う研究開発・試作品開発への支援を、同開発機構が国から委託を受けて実施する。

 中小企業等と橋渡し研究機関による共同研究を支援する今回のプロジェクト。同開発機構は6月下旬から40日程度を公募期間として予定している。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

    無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  2. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

    グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  3. 国交省、1月中にも重層下請など構造問題議論開始へ

    国交省、1月中にも重層下請など構造問題議論開始へ

  4. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  5. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

  6. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  7. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  8. ワイドシングルタイヤ採用で積載量増大……アルプス運輸の木材チップ運搬車

  9. 日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

  10. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top