エネルギーシステム、次世代インフラ、健康、環境技術…「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」の研究開発テーマを公募 画像 エネルギーシステム、次世代インフラ、健康、環境技術…「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」の研究開発テーマを公募

マネジメント

 26日、政策実施機関である国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」に関する研究開発テーマを広く公募すると発表した。

 「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」とは中小企業庁が製造業に対して実施している「ものづくり連携支援」。補助金が支援され、産学官の連携を通じて行う「ものづくり技術を活用した研究・開発」や製品の販路開拓を後押しする。

 今回、同開発機構が公募するのは「クリーンで経済的なエネルギーシステムに資する技術」「国際社会の先駆けとなる健康長寿社会の実現に資する技術」「世界に先駆けた次世代インフラの構築の実現に資する技術」「産業競争力の源泉としてのICT、環境技術に関する技術」の4つのいずれかに沿った研究開発テーマ。中小企業等が大学や公的研究機関を活用して行う研究開発・試作品開発への支援を、同開発機構が国から委託を受けて実施する。

 中小企業等と橋渡し研究機関による共同研究を支援する今回のプロジェクト。同開発機構は6月下旬から40日程度を公募期間として予定している。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

    少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

  2. 本日の新聞から:ホンダ/GM自動運転でも提携か……急がれる法整備

    本日の新聞から:ホンダ/GM自動運転でも提携か……急がれる法整備

  3. 美少女系野菜、キャラクタートラックでPR

    美少女系野菜、キャラクタートラックでPR

  4. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  5. マイナス影響があるという企業が9割、マイナンバー制度への対応はどうする?

  6. ECサイトと実店舗のデータを相互に活用、購買意欲の喚起を図る

  7. JFEエンジニアリング、海外の橋梁事業3年で100億円目標に

  8. 大阪府住宅まちづくり部、下請170社の社保未加入を確認・通報

  9. 富士重、国内販売も3%増で第1四半期営業利益は1342億円と過去最高

  10. 総務省、マイナンバー通知カードの誤配達などで日本郵政に厳重注意

アクセスランキングをもっと見る

page top