エネルギーシステム、次世代インフラ、健康、環境技術…「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」の研究開発テーマを公募 画像 エネルギーシステム、次世代インフラ、健康、環境技術…「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」の研究開発テーマを公募

マネジメント

 26日、政策実施機関である国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」に関する研究開発テーマを広く公募すると発表した。

 「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」とは中小企業庁が製造業に対して実施している「ものづくり連携支援」。補助金が支援され、産学官の連携を通じて行う「ものづくり技術を活用した研究・開発」や製品の販路開拓を後押しする。

 今回、同開発機構が公募するのは「クリーンで経済的なエネルギーシステムに資する技術」「国際社会の先駆けとなる健康長寿社会の実現に資する技術」「世界に先駆けた次世代インフラの構築の実現に資する技術」「産業競争力の源泉としてのICT、環境技術に関する技術」の4つのいずれかに沿った研究開発テーマ。中小企業等が大学や公的研究機関を活用して行う研究開発・試作品開発への支援を、同開発機構が国から委託を受けて実施する。

 中小企業等と橋渡し研究機関による共同研究を支援する今回のプロジェクト。同開発機構は6月下旬から40日程度を公募期間として予定している。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

    公共建築積算で被災地のクレーン費高く、国交省調査で判明

  4. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

  5. 主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成 

  6. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  7. 「危機管理学部開設の狙いは」日本大学法学部・福田充教授インタビュー

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  9. 農業参入企業7割が「農地はリースで十分」…所有は経営リスク

  10. 国交省が「建築物省エネ法」施行を控え政令・告示案まとめる

アクセスランキングをもっと見る

page top