雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針 画像 雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針

IT業務効率

 27日より東京ビッグサイトで開催されている「第63回 電設工業展 JECA FAIR2015」には、電気工事関係の企業が多数出展し、自社の製品やサービスをアピールしている。

 その名も落雷抑制システムズが展示していたのは、先がボール状になった避雷針だ。通常避雷針といえば、先が尖っており、そこに落雷を誘導することで建物本体への直撃を防ぐようになっている。同社が消イオン容量型避雷針(PDCE)と呼ぶ製品は、文字通り雷が落ちないように避ける避雷針(球?)だ。

 PDCEを鉄塔や電車の架線など落雷してほしくない場所に設置すれば、そもそもその周辺に雷は落ちないという。その理由について、ブースのスタッフは次のように説明した。

 そもそも雷雲の下部は大地に対してマイナスの電荷を持っている。そのため落雷によって稲妻が走るとき、地面側(の尖った部分など)から「迎え放電」が必要だという。PDCEは単に先端が丸いだけでなく、間にゴムなどの絶縁体を挟んでおり、巨大な「コンデンサ」になっている。大地側がプラス電荷のため、上空に露出している半球面はマイナス電荷となり、おなじマイナス電荷を持つ雷雲からの放電路は形成されない。

 PDCEは、無線設備、高層ビル、船舶、鉄道、遊園地などに採用実績があるそうだ。屋外のイベントなどでも急な落雷、ゲリラ豪雨に備えて設置されることもあるという。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

    建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. ドローンの次は小型無人航空機(UAV)! 速く、長く飛行

    ドローンの次は小型無人航空機(UAV)! 速く、長く飛行

  4. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  6. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  7. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  8. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  9. 建機搭載型遠隔操作ロボ「ロボQ」を改良、ワンタッチで取り付け可能!

  10. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

アクセスランキングをもっと見る

page top