雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針 画像 雷を避けてこそ「避雷針」――消イオン容量型避雷針

IT業務効率

 27日より東京ビッグサイトで開催されている「第63回 電設工業展 JECA FAIR2015」には、電気工事関係の企業が多数出展し、自社の製品やサービスをアピールしている。

 その名も落雷抑制システムズが展示していたのは、先がボール状になった避雷針だ。通常避雷針といえば、先が尖っており、そこに落雷を誘導することで建物本体への直撃を防ぐようになっている。同社が消イオン容量型避雷針(PDCE)と呼ぶ製品は、文字通り雷が落ちないように避ける避雷針(球?)だ。

 PDCEを鉄塔や電車の架線など落雷してほしくない場所に設置すれば、そもそもその周辺に雷は落ちないという。その理由について、ブースのスタッフは次のように説明した。

 そもそも雷雲の下部は大地に対してマイナスの電荷を持っている。そのため落雷によって稲妻が走るとき、地面側(の尖った部分など)から「迎え放電」が必要だという。PDCEは単に先端が丸いだけでなく、間にゴムなどの絶縁体を挟んでおり、巨大な「コンデンサ」になっている。大地側がプラス電荷のため、上空に露出している半球面はマイナス電荷となり、おなじマイナス電荷を持つ雷雲からの放電路は形成されない。

 PDCEは、無線設備、高層ビル、船舶、鉄道、遊園地などに採用実績があるそうだ。屋外のイベントなどでも急な落雷、ゲリラ豪雨に備えて設置されることもあるという。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. 【動画PRの成功術:3】講義をそのまま公開、顔の見える進学塾!

    【動画PRの成功術:3】講義をそのまま公開、顔の見える進学塾!

  4. 建設業向けの新たなクラウドサービス、BIMデータを3DCGに自動変換

  5. 戸田建設らがiPad用内装仕上げ検査システムを開発、入力時の操作性が向上

  6. 家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

  7. PCとスマホだけで受注・配車・運行管理・請求まで――軽トラ便、バイク便、個人トラック事業者向けクラウドサービス

  8. 歩行ナビやビーコンの開発推進、国交省が駅・施設のバリアフリー情報や無線LAN情報等をオープンデータ化

  9. 【外食ビジネスウィーク2015】カード不要・電話番号認証でポイント付与……リピート率が平均156%アップ

  10. 電子チラシでオムニチャネルビジネス――店舗に近づくとチラシをお勧め

アクセスランキングをもっと見る

page top