データで分析する「宿泊施設にリピート客が生まれる仕組み」 画像 データで分析する「宿泊施設にリピート客が生まれる仕組み」

インバウンド・地域活性

 「宿泊施設のリピーター」になるのはどのような客なのか、ホテルがリピート客を作り出す要素の分析結果が27日に発表された。

 調査を行ったのは株式会社トータル・エンゲージメント・グループ(東京都千代田区)。「知人に対してサービスや商品を推奨する可能性の有無」を数値化した顧客満足度調査の指標「NPS(Net Promoter Score)」を用い、積極的に他人に奨める「推奨者」の生まれる要素を調査結果から分析した。

 約96.7%の「推奨者」が「再宿泊の意向」を持っているという事が判明した今回の調査。同社は、ホテルのタイプを「ビジネスホテル」「BBBホテル(ビジネスホテルよりサービスが充実した低価格ホテル)」「ラグジュアリーホテル」に分類。その中で、宿泊先を決定する際の「事前期待」と実際に宿泊した際のギャップが「NPS」の数値に影響するという。

 調査では「客室」や「施設サービス」といった投資が必要な要素の重要性が際立っているものの、同社は「推奨者」の73%が「スタッフサービス・気遣い」に対して高評価をしている事に着目。比較的大きな投資を必要としない「スタッフサービス」にリピート宿泊客獲得の大きな要素があると指摘する。

 近年、アンダーズ等の外資系ホテルの参入もあり、競争が激化している国内ホテル業界。どの価格帯のホテルにも、スタッフサービスの徹底が求められている。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 富裕層インバウンドの法則その3

  5. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top