あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談 画像 あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

マネジメント

 神奈川県は、かながわ労働センター及び3支所に寄せられた労働者や使用者からの労働相談の概況を公表。平成26年度の相談件数は前年度比を1.1%下回ったものの、件数そのものは1万2168件と高水準で推移した。

 企業規模別に相談件数をみると、従業員数が「30人未満」の企業は2176件(42.5%)の最多で、「30~99人」は1018件(19.9%)、「100~299人」は590件(11.5%)、「300人以上」は1336件(26.1%)となった。過去3年間の推移でみても同様で、規模の小さい企業から多く相談が寄せられる傾向にある。

 具体的な相談項目については、「労働条件」に関するものが最も多く1万975件(59.3%)で、以下、「職場の人間関係」が2054件(11.1%)、「労働福祉」が2001件(10.8%)、「雇用」が1024件(5.5%)と続く。「労働条件」はさらに内訳をみると、「解雇・雇止め・退職」が3163件(17.1%)、「賃金」が2254件(12.2%)、「労働時間」が2211件(12%)となった。

 相談項目の上位5位を過去5年度の推移でみると、いずれもトップは「解雇・雇止め・退職」。次いで「賃金」や「労働時間」とともに、「職場の人間関係」も上位に挙がっている。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  2. 従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

    従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

  3. 顧客価値経営フォーラムが開催! 日本経営品質賞はスーパーホテルの手に

    顧客価値経営フォーラムが開催! 日本経営品質賞はスーパーホテルの手に

  4. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  5. アイシン精機決算――3期ぶりの減益だが今期で回復見込み

  6. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  7. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

  8. 日建連、就労履歴管理システム検討へ推進本部設置

  9. 工事現場にもパウダールーム、鹿島が推進

  10. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top