あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談 画像 あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

マネジメント

 神奈川県は、かながわ労働センター及び3支所に寄せられた労働者や使用者からの労働相談の概況を公表。平成26年度の相談件数は前年度比を1.1%下回ったものの、件数そのものは1万2168件と高水準で推移した。

 企業規模別に相談件数をみると、従業員数が「30人未満」の企業は2176件(42.5%)の最多で、「30~99人」は1018件(19.9%)、「100~299人」は590件(11.5%)、「300人以上」は1336件(26.1%)となった。過去3年間の推移でみても同様で、規模の小さい企業から多く相談が寄せられる傾向にある。

 具体的な相談項目については、「労働条件」に関するものが最も多く1万975件(59.3%)で、以下、「職場の人間関係」が2054件(11.1%)、「労働福祉」が2001件(10.8%)、「雇用」が1024件(5.5%)と続く。「労働条件」はさらに内訳をみると、「解雇・雇止め・退職」が3163件(17.1%)、「賃金」が2254件(12.2%)、「労働時間」が2211件(12%)となった。

 相談項目の上位5位を過去5年度の推移でみると、いずれもトップは「解雇・雇止め・退職」。次いで「賃金」や「労働時間」とともに、「職場の人間関係」も上位に挙がっている。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 中小向けマイナンバー対応マニュアル発刊 建設業振興基金

    中小向けマイナンバー対応マニュアル発刊 建設業振興基金

  2. 回転寿司業界は寿司以外のメニューが熱い!?

    回転寿司業界は寿司以外のメニューが熱い!?

  3. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

    西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  4. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

  5. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  6. 鹿島、国際女性デーに合わせ女性目線の現場づくり推進

  7. 「機能性表示食品」に関する意識調査――消費者は健康を意識しつつ価格も重視

  8. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  9. 国交省、設計労務単価引き上げ踏まえ業界団体に賃上げ要請へ

  10. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

アクセスランキングをもっと見る

page top