世界遺産「三保の松原」の保全でドローンが登場! 画像 世界遺産「三保の松原」の保全でドローンが登場!

インバウンド・地域活性

 相次ぐ落下トラブルで一躍注目を集める無人機ドローンの空中撮影。しかし、ドローンはほかにも幅広い用途で有効活用できることが期待されている。そのうちの1つが空中散布だ。

 世界文化遺産「富士山信仰の対象と芸術の源泉」に登録された静岡県・三保の松原において、26日と27日の2日間、松くい虫防除の薬剤散布が行われている。そこで利用されているのがヤマハ発動機の産業用無人ヘリコプター「FAZER(フェーザー)」だ。

 実は昨年、三保半島海側の市有林約4ヘクタールを対象に試験散布を行うと、松枯れ被害の目安となる松の伐採本数が206本と、前年度の約4分の1に抑制された。この成果を受け、今年は静岡市からの委託により活動を本格化。今回の2日間では「三保文化ランド」および「羽衣の松」周辺の約10ヘクタールを対象としているが、6月中旬にも実施を予定している。

 こうした活用事例が今後も話題を集めれば、ドローンの活躍場が次々と広がり、市場が確立されるだろう。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

    レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. トヨタの考える次世代タクシー “日本らしい”タクシーとは?

  7. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 鹿島、洋上風車の急速施工法確立…複数作業構台で別工種同時施工

アクセスランキングをもっと見る

page top