ダブルナットの10倍、ボルト・ナットの緩み防止スプリング…アドバネクス 画像 ダブルナットの10倍、ボルト・ナットの緩み防止スプリング…アドバネクス

インバウンド・地域活性

たかがボルト・ナットと馬鹿にしてはいけない。それが緩んだ機械や装置を使って作業をすると、いいモノができないのはもちろんのこと、事故と元にもなりかねないからだ。その緩みを防止するスプリングを出展したのがアドバネクス(本社・東京都北区)だ。

商品名は「タモント」で、ボルト・ナットを締めた後にこのスプリングをつけると、ほとんど緩むことがないというのだ。その実力は折り紙付きで、NAS3350(米国宇宙航空規格)に準拠した衝撃型振動試験機を用いた試験で3万回以上耐えた実績を持つ。通常のダブルナットだと、振動回数2000回もすると外れてしまうが、タモントはその10倍以上も大丈夫なわけだ。

「現在、NEXCO西日本のトンネル内の壁を止めるボルト・ナットに採用されたり、振動の多い装置に使用されています。自動車関連の工場でもこのタモントを使うところが増えています。トヨタの工場でも色々なところで使われています」と同社関係者は説明する。

価格はM10サイズで5個2000円と、少し高い気もするが、締め直す手間を考えたら安いかもしれない。4年前に本業のバネ以外に何か新しい商品を、と開発したそうだが、非常に評判もよく、同社としてはこれからのビジネスの大きな柱になるのではないかと期待している。

【人とくるまのテクノロジー展15】ボルト・ナットの緩み防止スプリング、自動車工場で活躍…アドバネクス

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

    大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  3. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

    岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  7. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top