消費者の財布はゆるんでいる!? 24カ月連続で外食産業の客単価がプラス 画像 消費者の財布はゆるんでいる!? 24カ月連続で外食産業の客単価がプラス

ライフ

 日本フードサービス協会は、4月の外食産業市場動向調査の結果を発表。ファミリーレストラン業態とディナーレストラン業態は好調だったものの、外食全体の売上は対前年同月比97.3%で2カ月連続のマイナス成長となった。

 プラス成長だった業態は、ファミリーレストラン業態の103.2%、ディナーレストラン業態の104.6%、喫茶業態の101.8%、その他の106.4%。かたやファーストフード業態は92.7%、パブ・居酒屋業態は93.7%とマイナス成長を記録した。

 外食全体の売上高は対前年同月比で過去1年を振り返ると、昨年4月、5月、11月、今年2月を除き、軒並みマイナス成長に落ち込んでいる。利用客数にいたってはいずれの月も客足が減っている。ところが客単価は上がっており、2013年5月から本年4月まで24カ月連続で対前年同月比プラスが続いている。

 外食する客数は減っているものの、いざ外食する際には財布のひもゆるみがち――。そんな消費者行動が外食産業にうかがえるようだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. キーワードは高齢者、共働き、子育て!食品宅配サービス市場がじわり拡大

    キーワードは高齢者、共働き、子育て!食品宅配サービス市場がじわり拡大

  2. 東京・江戸川区が熟年向けOZmagazine発刊、新シニアに送付も

    東京・江戸川区が熟年向けOZmagazine発刊、新シニアに送付も

  3. 居酒屋などで飲み物を注文しない客はマナー違反? どう対処する?

    居酒屋などで飲み物を注文しない客はマナー違反? どう対処する?

  4. 現場の悩みから恋の話まで!? 施工管理技士専門SNSが誕生

  5. ハロウィーン商戦、定番カボチャに加え多肉植物人気

  6. ゴールデンウィークの渋滞予測――日本道路交通情報センター

  7. 下水道広報プラットホームが働く女性の情報誌創刊

アクセスランキングをもっと見る

page top