特許技術による他社牽制力ランキング トップはデンソー 画像 特許技術による他社牽制力ランキング トップはデンソー

マネジメント

パテント・リザルトは、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめた。

この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになる。集計の結果、2014年に最も引用された企業は、デンソーの5728件、次いで矢崎総業の1188件、住友電装の1089件となった。

1位デンソーの最も引用された特許は、「車両の充電状態などを屋内に情報伝達する車両充電装置」に関する特許で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されている。このほかには、「防犯機能を有する車両充電システム」に関する特許や「車両用着座センサ」などが引用件数の多い特許として挙げられる。

2位矢崎総業の最も引用された特許は、「車両の運行状態の記録装置」に関する特許および、トヨタ自動車との共同保有となっている「バスバーモジュール」に関する特許で、いずれも後発の特許7件の審査過程で拒絶理由として引用されている。2014年全体で、矢崎総業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は住友電工グループ、次いでデンソー、古河電気工業となっている。

3位住友電装の最も引用された特許は、「自動車用アース端子と電線の防水接続構造」で、後発の特許11件の審査過程で拒絶理由として引用されている。2014年全体で、住友電装の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は矢崎総業、次いで古河電気工業、デンソーとなっている。

自動車部品業界、他社牽制力ランキング トップはデンソー…パテント・リザルト

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

    国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  2. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

    女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  3. 働きがいのある会社、大規模ではマイクロソフト、小規模では?

    働きがいのある会社、大規模ではマイクロソフト、小規模では?

  4. 国交省、「公共工事品確法」相談窓口の対応状況まとめる

  5. 【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す

  6. 日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ

  7. 運送企業を対象に「衝突防止補助システム」を無料モニター提供

  8. 親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

  9. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  10. 「TPP交渉の部品関税は有難い展開に」…自工会 池会長

アクセスランキングをもっと見る

page top