特許技術による他社牽制力ランキング トップはデンソー 画像 特許技術による他社牽制力ランキング トップはデンソー

マネジメント

パテント・リザルトは、独自に分類した自動車部品業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車部品業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめた。

この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになる。集計の結果、2014年に最も引用された企業は、デンソーの5728件、次いで矢崎総業の1188件、住友電装の1089件となった。

1位デンソーの最も引用された特許は、「車両の充電状態などを屋内に情報伝達する車両充電装置」に関する特許で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されている。このほかには、「防犯機能を有する車両充電システム」に関する特許や「車両用着座センサ」などが引用件数の多い特許として挙げられる。

2位矢崎総業の最も引用された特許は、「車両の運行状態の記録装置」に関する特許および、トヨタ自動車との共同保有となっている「バスバーモジュール」に関する特許で、いずれも後発の特許7件の審査過程で拒絶理由として引用されている。2014年全体で、矢崎総業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は住友電工グループ、次いでデンソー、古河電気工業となっている。

3位住友電装の最も引用された特許は、「自動車用アース端子と電線の防水接続構造」で、後発の特許11件の審査過程で拒絶理由として引用されている。2014年全体で、住友電装の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は矢崎総業、次いで古河電気工業、デンソーとなっている。

自動車部品業界、他社牽制力ランキング トップはデンソー…パテント・リザルト

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 京都の伝統と革新を“和える”若き女性起業家の思い

    京都の伝統と革新を“和える”若き女性起業家の思い

  2. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

    設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  3. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

    国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  4. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  5. 燃料油国内販売、2か月連続マイナス

  6. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  7. 親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

  8. 岐阜 熊谷産業が平ボディー車両にワイドシングルタイヤ導入

  9. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

  10. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top