ヤマダ電機、5月末までに46店舗を閉鎖、新規出店計画も15店舗 画像 ヤマダ電機、5月末までに46店舗を閉鎖、新規出店計画も15店舗

制度・ビジネスチャンス

 ヤマダ電機は25日、経営構造改革の一環として、4月から5月末日までに46店舗の閉鎖を予定していることを発表した。

 新規出店、スクラップ&ビルド、店舗閉鎖、アウトレット店舗や免税専門店舗等への業態転換を進める方針とのこと。閉鎖予定店舗の従業員については、他店舗への配置転換などを行い雇用は継続する。

 一方、東京都中央区八重洲ほか、15店の新規出店も予定しており、今後は都市部および郊外それぞれの市場において、厳選して出店を行うとしている。

ヤマダ電機、5月末までに46店舗を閉鎖

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 絶対回収するすごい方法!

    絶対回収するすごい方法!

  4. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  7. 首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる

  8. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  9. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  10. 16年の新設住宅着工、6・4%増。低金利が戸数押し上げ

アクセスランキングをもっと見る

page top