千葉のチューニングショップ GT-R用の車高調整システムを開発 画像 千葉のチューニングショップ GT-R用の車高調整システムを開発

インバウンド・地域活性

チューニングショップのトップシークレットは、日産『GT-R(全年式)』の車高を室内から調整できる「HAシステム」の一般販売を開始した。

GT-Rはロードクリアランスが低く、路面状況によってボディ、主にフロントのディフューザーと路面が干渉してしまうケースが見受けられる。そこでトップシークレットでは、走行状態、路面状況に合わせて、車内からスイッチ1つで車高をコントロールできるHAシステムを開発した。

同システムは、高強度油圧シリンダーを使用することで、一時的に車高を上げるだけの使い方だけではなく、車高を上げたままスポーツ走行もこなせる耐久性、剛性、信頼性を確立。プロドライバーによる富士スピードウェイでのタイムアタックテストも実施したという。

HAシステムは標準サスペンションまたは同社ダンプトロニック車高調整キットを装着するGT-R全年式に対応。価格は108万円。

トップシークレット、GT-R車高調整システムを開発…車内からコントロール可能

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 富裕層インバウンドの法則その4

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top