78.4%の専門学校生「自分に合う企業が分からない」と不安 画像 78.4%の専門学校生「自分に合う企業が分からない」と不安

人材

 就職活動シーズンとなり、街には就職活動中の学生たちが目立つ。リーマン・ショック前の水準まで回復した“売り手市場”とはいえ、「何を基準に企業を選ぶか」、「能力・スキルを活かせるか」などの不安を抱える学生も多いだろう。

 このたび、専門学生を対象とした企業オファー型就職サービス「WorKuru(ワークル)」を運営するライフマップが、専門学生320人に対し、「就職意識に関する調査」を実施。調査の結果、現在、就職活動に不安を抱いている学生は、78.4%にのぼる事が明らかになった。

 その不安要素として挙げられた中で、最も多かったのは、「自分に合う企業がどこか分からない」(90.8%)という学生の情報不足によるもの。次いで、「面接が上手くいくか不安」(68.5%)、「就職先で上手く仕事ができるか不安」(52.2%)の回答が上位となっている。

 “自分に合う企業”を求める学生が多いことが分かったが、企業を選ぶポイントとして、仕事内容を重要視する「自分がやりたい仕事ができる」(22.8%)がトップに。逆に、行きたくない会社の第1位は、「休日・休暇がとれない(少ない)」(20.9%)となり、学生にとってプライベートの時間は大切なようだ。

専門学生の78.4%が就職活動に不安……「自分に合う企業が分からない」

《渡邊晃子》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  3. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

    アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  4. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  5. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  6. 【HJ HJ EYE:7】女性による起業、挑戦すべきは今

  7. 「イクメン企業アワード2016」に見る、育児休業取得促進のヒント

  8. 支援学校の教室不足、いまだに深刻

  9. 自治体に欧州の学生を派遣、外国人・若者視点で地域の魅力を発信

  10. 社長の健康促進で中小企業を元気に、横須賀商工会議所の健康プログラム

アクセスランキングをもっと見る

page top