群馬県産木材を展開する斉藤林業、新築の家を月額50万円で展示用に借り受けるモニターハウス制度開始 画像 群馬県産木材を展開する斉藤林業、新築の家を月額50万円で展示用に借り受けるモニターハウス制度開始

インバウンド・地域活性

 群馬県産の木材を使った住宅を展開する斉藤林業が、自社で新築した住宅を展示用に一定期間借り受けるモニターハウス制度を始めた。

 モニターハウス制度は、同社が新築した住宅を入居前に3か月間借り受け、オープンハウスとして利用するというもの。貸し出した依頼者には1か月50万円の賃料を支払い、展示期間終了後は補修、クリーニングを行って引き渡しを行う。常設の住宅展示場を増やさずに展示物件を確保すると同時に、ユーザーの負担を軽減し、地元での家造りを促進する狙いだ。

 また、群馬県では県内産の木材を使っての新築やリフォームに対し費用補助を行う「ぐんまの木で家づくり支援事業」を実施している。斉藤林業は県産木材を使用し、標準仕様でこの制度に対応しており、費用補助を受けることができる。

 プロモーションと地域活性化を組み合わせた企画だ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  9. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top