【倒産情報】農業ビジネスのアーサーアグリが破産手続き――社長逮捕で資金調達頓挫 画像 【倒産情報】農業ビジネスのアーサーアグリが破産手続き――社長逮捕で資金調達頓挫

制度・ビジネスチャンス

 アーサーアグリ(中央区日本橋浜町2-6-1、渡邉誠一社長)は5月15日に事業を停止し、破産手続きを開始したことが、22日わかった。負債総額は債権者約90名に対して約4億9000万円。

 同社は独自開発の有機野菜栽培工場による農業ビジネスを展開しており、2014年に当時の社長 佐藤城氏によって買収され、事業の拡大を図っていた。ベンチャーキャピタルからの出資予定もあったが、2015年3月4日に佐藤氏が、以前事務局長を務めていた財団法人(日米地域間交流推進協会)に対する業務上横領の容疑で逮捕された。

 この影響によりベンチャーキャピタルからの出資計画が頓挫し、資金不足に陥っていた。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ミズノ、作業服事業に本格参入/19年度に25億円目標

    ミズノ、作業服事業に本格参入/19年度に25億円目標

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 熊谷組、くま所長とハローキティがコラボ/120周年記念、オリジナルストーリーも

    熊谷組、くま所長とハローキティがコラボ/120周年記念、オリジナルストーリーも

  4. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  5. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  6. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  7. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  8. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  9. 中部新国際空港沖の埋め立て事業、環境影響評価方法書の手続きを開始

  10. 事業承継税制が大幅に改正される

アクセスランキングをもっと見る

page top