ブロガーら応援団が活躍、特殊貯蔵の北海道産じゃがいもブランド「よくねたいも」が首都圏で計画の200%を販売 画像 ブロガーら応援団が活躍、特殊貯蔵の北海道産じゃがいもブランド「よくねたいも」が首都圏で計画の200%を販売

インバウンド・地域活性

 ホクレン農業協同組合連合会の展開する特殊な貯蔵じゃがいも「よくねたいも」が、首都圏で4月20日までに当初の販売計画を大きく上回り、計画の200%の販売実績を記録している。

 よくねたいもはCA貯蔵と呼ばれる、じゃがいもの呼吸を最小限に抑える貯蔵方法で保存されたじゃがいもブランド。品質低下を抑えると同時に、長期保存の間に糖に変化したじゃがいものでんぷんが、呼吸によって消費されるのを抑制する。これによって、より多くの糖を含んだじゃがいもになるというものだ。

 北海道産のじゃがいもは秋に収穫ピークを迎えるが、消費のピークは春先の5月。よくねたいもは需要が最大化するシーズンに北海道産のじゃがいもを供給する狙いがある。

 展開に当たってホクレンは、料理研究家やブロガーなど36名の応援団「よくねたいもアンバサダー」をつくり、PRやレシピ紹介を行った。こうした口コミ活動が需要拡大に貢献したという。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top