ブロガーら応援団が活躍、特殊貯蔵の北海道産じゃがいもブランド「よくねたいも」が首都圏で計画の200%を販売 画像 ブロガーら応援団が活躍、特殊貯蔵の北海道産じゃがいもブランド「よくねたいも」が首都圏で計画の200%を販売

インバウンド・地域活性

 ホクレン農業協同組合連合会の展開する特殊な貯蔵じゃがいも「よくねたいも」が、首都圏で4月20日までに当初の販売計画を大きく上回り、計画の200%の販売実績を記録している。

 よくねたいもはCA貯蔵と呼ばれる、じゃがいもの呼吸を最小限に抑える貯蔵方法で保存されたじゃがいもブランド。品質低下を抑えると同時に、長期保存の間に糖に変化したじゃがいものでんぷんが、呼吸によって消費されるのを抑制する。これによって、より多くの糖を含んだじゃがいもになるというものだ。

 北海道産のじゃがいもは秋に収穫ピークを迎えるが、消費のピークは春先の5月。よくねたいもは需要が最大化するシーズンに北海道産のじゃがいもを供給する狙いがある。

 展開に当たってホクレンは、料理研究家やブロガーなど36名の応援団「よくねたいもアンバサダー」をつくり、PRやレシピ紹介を行った。こうした口コミ活動が需要拡大に貢献したという。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top